« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

こっそり集金法にあなたもひっかかっていませんか?

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

昨日は道幸武久さんが最初に世の中に出した本である「加速成功」を読み終えました。加速成功の中にある話で、道幸さんが大学時代の時に教授から教えて頂いた「成功6ヶ条」というものがあり、それを毎日のように唱えて信じていて潜在意識に落とし込んでいたそうです。

早速私も筆ペンでその6ヶ条を紙に書き出し、毎日声を出して唱えることを日課にしていっています。その6ヶ条とは・・・

①いかなることがあっても物事を肯定的に考える

②つねに一歩でも二歩でも前進することを考える。そのためには努力することを惜しまない

③いかなるときでも、人生に対する明確な目的意識を持ち続ける

④自分を信じ、他の人の否定的な言動に惑わされない

⑤大事に直面して失敗を恐れない。必ず成功すると確信する

⑥将来の自分の望ましい姿をつねにありありと、微に入り、細にわたり想像する。そうすると想像通りの人となると確信する

これが成功6ヶ条になります。毎日声に出して読む習慣を作っていきます。

================================

昨日はスポーツクラブが儲かる仕組みについて話をしました。本日は企業が我々からどのようにしてこっそりお金を集金しているか?についてお話します。

「ああ~。なるほど。自分自身にも覚えがある・・・」ということがあると思います。

企業が我々からお金をこっそり集金する方法は2つありますが、何だと思いますか?

一つは支払いを小口にすること。もう一つは現金で払わせないということです。

支払いを小口にするとはどういうことでしょうか?

以前例を挙げましたが、500mlのペットボトルなんかはまさにその典型ですし、よく大きな金額を「分割払い」するのもまさにそうです。私は「分割払い」というものを今までしたことがありません。金利分を支払うのが馬鹿らしいと思っているので、欲しいものは必ずその金額を貯めてから買うようにしていました。買えなければ我慢する。それだけのことです。

もう一つの現金で払わせないというのは自動引き落としやクレジットカードや電子マネーなんかがこれにあたります。

ここんで一番大きいのはお金を支払っているという感覚や痛みがないことなんですね。なぜインターネットだと高額商品が売れるのでしょうか?コンビニの店頭では売れない1本90,000円のワインがなぜネットだと売れるんでしょうか?

ネットだとボタンひとつクリックするだけで買えてしまいます。全くお金を支払っている感覚がないんです。しかし、あとでクレジットカードの支払いを見てがく然とします。

コンビニが一番使われている電子マネーも同じです。電子マネーを使って買い物をしているお客様と現金だけのお客様では1回あたりの買い物で200円も電子マネーを使っている人の方が支払いが多いデータが出ています。ここからもお金で支払っている感覚がないので、ついつい余計なものまで買ってしまうんですね。

このようにこっそりとお金を集金する罠がたくさんあります。必要なものしか買わないという意識がないとお金を多く支払っていて、手元になかなか残りにくくなってしまうんです。

明日はビジネスとは我々からお金をいかに搾取するように出来ているか?の種明かしをお話しします。

↓ ↓ 自分もこっそり集金方法にひっかかったという経験がある人は下記のボタンのクリックをお願いいたします。皆様の応援に感謝しています。(企業部門ランキング31位)

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

スポーツクラブが儲かる仕組みについて考えてみよう!

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

昨日の日曜日は免許の更新に行ってきました。なんと5年ぶりのことです。免許が切れる日まであと3日というところでしたので、結構ギリギリの更新になってしまいました。

今回驚いたのは午前中の更新で350人近い人がいて、同じ時期の免許更新にこれほどの人がいるのか?ということです。

免許を取って10年経ちましたが、無事故無違反でのゴールドカードになりました。SDカードというものにも入会し、その特典として10年間無事故無違反だと警察から感謝状が贈られるとの説明でした。早速感謝状を受けに行きたいと思います。

==============================

昨日は生涯にいくら払うのか?についてのお話をしましたね。本日はスポーツクラブが儲かっている理由をお話したいと思います。

あなたはスポーツクラブに入会したことはありますか?このままでは自分の体は駄目だということで加入したことはありますか?

おそらく一度ぐらいは加入した人はいるのではないでしょうか?私はスポーツクラブに加入したことはありません。

このスポーツクラブですが、実はかなり儲けているって知っていましたか?その理由はこうです。

スポーツクラブのビジネスモデルは高額のモノを1回売る方ではなく、少額を繰り返すリピートのビジネスなんですね。最初に支払っていた時は一番利用頻度が高いんです。入会直後が利用頻度が一番高いデータが出ています。

それが徐々に利用頻度が減ってきます。なぜでしょう?お金を支払っている感覚がだんだんなくなっていくんですね。月の支払いも5000円から8000円ぐらいまでとそれほど痛くない金額に設定しているので、ついつい行かなくなるんですね。

あとは人間がなかなか継続することが出来ない習慣を持っていることを知っているんです。あなたにもあてはまりませんか?

よく入会登録無料キャンペーンとかやっていますけど、スポーツクラブは別に入会金で儲けようなんてこれっぽっちも考えていません。入会さえしてもらえればあとは人は来ないのに勝手にお金だけ支払ってくれるんですね。

実はスポーツクラブの会員で来ている人は2割ぐらいで、残りの人はほとんど来ていません。全員が来たら施設が間に合わなく出来ているのを知っていましたか?そんなに人は来ないのを前提で施設も作成しています。

ぜひ人間は継続が苦手な生き物なので、習慣を作りましょう。習慣が人を作ります。明日は、こっそり企業がさらに我々からお金を取るためにこっそり集金しているやり方をお話します。

↓ ↓ 私、スポーツクラブに入会したけど、継続しなかった・・・という経験がある方は下記のクリックをよろしくお願いします。皆様の応援に感謝しております。ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生涯いくら払うのか?を理解しよう!

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

9月も残すところあと3日となりました。私の会社では毎年「Cool  Biz」を行っていますが、それも9月度で終わりになります。10月からはネクタイを締めて仕事を行うことになります。さすがに朝晩の冷え込みの厳しさを感じる時期になってきたことを感じます。

今日は秋冬を暖かく気持ちよく寝るために寝具の洗濯・クリーニングを行います。どれだけ気持よく睡眠がとれるようになるのか楽しみです。

昨日までは企業収益の安定法についてのお話をしてきました。本日は少額で支払っているものが生涯の金額でみるとどれぐらい支払いをしているのか?というのを理解するようにしましょう。

基本的に生涯といっても人により様々ですが、20歳から70歳までの50年間を仮定してお話します。

あなたは生涯に支払う金額を今まで自分で計算して理解したことはあるでしょうか?

おそらくほとんどの人が計算したことがないと思います。これぐらいかかるということをわかるきっかけにしていってください。

①新聞の定期購読(3300円)

1年間で39600円。約4万円と考えて×50年間=200万円。

②携帯電話の通信費(8000円)

1年間で96000円。約10万円と考えて×50年間=500万円。

③電気・ガス・水道代(15000円)

1年間で18万円。×50年で900万円。

④毎日1本のペットボトル500ml(150円)

1ヶ月で4500円。×1年間で54000円。×50年間で270万円。

このように見ていくとかなりの額を支払うことに気づくと思います。意識してお金を貯めるのであれば、以前お話した三大支出を減らすのと同じように毎月定期的に支払っているものを見直すことも大事です。

明日はスポーツクラブがなぜ儲かっているのか?についてのお話をします。

↓ ↓ 皆様の応援に感謝しております。毎日のペットボトルが270万円もするのだ・・・という驚きがあった人は下記のクリックをよろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

企業の収益を安定させる方法とは?

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

一昨日の仙台港のアウトレットモール内に食事をする場所がたくさんあります。盛岡冷麺のぴょんぴょん舎、○亀商店仙台煮込みハンバーグ、仙台辛味噌ラーメン味よし、駅弁屋さん、比内地鶏の親子丼を出すお店、山形県は酒田市にある平田牧場の豚を使った炭火焼豚丼を提供するお店など非常にユニークなお店が多かったです。

私は、普段はあまり肉は食べないのですが、平田牧場の豚を使った豚丼を頂いてきました。これだけあるお店から何をポイントで選んだのか?というとお店が目の前で大きな火で焼いているのが見えたからです。焼き立て出来たてというアピールが目の前で行われていたのはこのお店だけだったので選びました。

やはり調理しているところを自信を持って見せていく。パフォーマンスを行うというのは大事です。私が注文した豚丼を炙っている光景を見ていたカップルがやはり同じように私の後に同じものを注文していましたから。

昨日までは企業の二大ビジネスモデルについてお話をしてきましたね。今日は企業の収益を安定させる方法とは何かについてお話します。

企業が収益を安定させるということは毎月、毎週、同じように大きなブレがなくお金が入ってくる仕組みを作ることにつながりますが、あなたが毎月同じように支払っているものはなんでしょうか?

考えてみてください。

いろいろあると思いますが、例えば、電気・ガス・水道などの公共料金。毎月定期購読している雑誌や新聞などがあると思います。

企業が収益を安定させるということは売上の平準化を行うことになります。夏場だけ儲かっても冬場は全く儲からないというのでは厳しいということです。収益を安定させるために大きく3つのやり方があります。

①新聞・雑誌の定期購読などに代表される(半年・年間契約)

英会話の勉強やお稽古、習い事もここに当てはまります。1ヶ月だけ月謝を払って終わりということはないからです。雑誌も年間購読でお安くなりますよ・・・というのは少し値段を安くしても安定して収益が入ってきた方が企業にとってはよいからなんですね。

そうでないと1,2ヶ月で辞めてしまうことの方が人間多いからです。

②交通機関の定期券(一定期間の契約)

ディズニーランドの年間パスポートやゴルフの年間会員権のように先にまとめてお金を頂くこともここに当てはまります。お金を支払っているので、他のところには行かないで来てくれるようになります。USJや他のゴルフ場には行かなくなるということです。

電子マネーの入金もこれにあたります。先にお金を入金することであなたのお店でお金を使いますよというお客様の意思表示になっています。お店は先に使われていないお金を先に頂くことが出来るのです。

③通信・光熱費の基本料金(強制徴収)

携帯電話やパソコンの通信費など基本料金というものが必ずあります。使おうが使わなくても契約している以上支払わないといけないという料金です。携帯電話会社は機種が0円とか昔ありましたが、昔は通信費で儲けていたからなんですね。今は通信費の支払いが様々なパケット定額などが出てきて以前よりも我々からお金を搾取することが出来にくくなっているので機種が高くなってきているのです。(最近のドコモの新機種は5万円近くします。昔は高くても2~3万円でした)

以上が収益を安定させる3つの方法になります。明日は、この新聞・雑誌の定期購読や光熱費など生涯で考えてみるといくら支払うことになるのか?についてお話します。

↓ ↓ 皆様の応援のクリックをよろしくお願いします。皆様の応援に感謝しております。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少額を繰り返し購入することが高額の支払?

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

本日2通目の記事作成になります。昨日は仙台港に今月の中旬に新しく出来たアウトレットモールに行ってきました。何かを買うというわけではなく、今の世の中ではどのようなものがあるのか?新しく出ているお店はあるのか?そのようなリサーチを兼ねて行ってきました。

新たな気付きが2つありました。一つはトイレに子供専用のトイレがあること。普通は大人のトイレの中に小さな便器があると思いますが、ここのアウトレットは子供用に別に作っているのです。

もう一つは犬などの動物専用の服を売っているお店がアウトレットの中にあったことです。人が着る服ではなく、動物が着る服も同じアウトレット内で当たり前に売るようになってきたのだなと感じました。今まで私が行った御殿場や佐野はこのような動物のお店はありませんでした。

本日もう1通の記事は「1回の買い物は少額なのに高額の買い物をしているということについてお話します。

例を引き続きペットボトルをあげてお話します。仮に18歳から65歳まで47年間飲んだと考えてみましょう。

150円×1日2本×年間365日のうちの300日購入していると仮定すると・・・300円×300日=9万円になります。

9万円×47年間=423万円になります。新車であれば、130万円ぐらいの価格の車を47年間に3回買い換えたのと同じ金額を支払っていることになるのです。これが飲料メーカーが車並に儲けているからくりです。

他には毎日、毎月支払っている少額のもので何か思い浮かぶのはありますか?

毎日の食事の買い物や電気・ガス・水道代などの光熱費、クリーニング、携帯電話代、新聞代などが挙げられます。

携帯電話代なども毎月8000円支払っていると仮定すると年間で約10万円。18歳から65歳までの47年間使い続けたとすると470万円のお金を携帯電話の支払いに使っていることになるんです。

このように普段支払っている金額で、少額のものでも何年間という大きな時間の単位で見ると高額になっているということです。明日は企業の収益を安定させる方法についてお話します。

↓ ↓ 応援のクリックをよろしくお願いします。皆様の応援に感謝しております。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二大ビジネスモデルについて考えてみよう②

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

昨日は仙台に出張して早朝から1日中仕事だったため、ブログの更新が出来ませんでした。本日、昨日の分と合わせて2つ記事を作成しますので、読んでください。

前回は1回に高額のモノを購入するビジネスモデルについてお話をしましたが、本日は少額のモノを繰り返し購入するビジネスモデルいついてお話します。

私がアドバイスを行っている現場のコンビニのお店でよく繰り返し購入される商品があるのでそれを例にしてみます。コンビニのお店で毎日購入される少額のものといえば何でしょうか?

それは500mlのペットボトルのドリンクになります。これは種類を問わず、毎日のように繰り返し購入する人は多いのではないでしょうか?この少額のペットボトルの購入を繰り返すビジネスモデルの特徴は何でしょうか?

特徴は2つあります。

①リピート性があり、その頻度が非常に多い。

②1回の消費額が少ないために「高額」という意識が消費者に全くない。

①については車や家に比べたらほぼ毎日購入することからもわかると思います。

②に関しては「高い」という意識がないのを例をあげて説明します。500mlのペットボトル1本を147円ですが150円とします。1リットルだと300円になります。

ボトル1ℓ300円>ガソリン1ℓ170円  という図式になるのはお分かり頂けるでしょうか?

最近は7週連続で値下がりになっているガソリンですが、消費者が生活防衛意識で使わなくなっているからです。「高い高い」と言われているガソリンよりも同じ液体で倍近いお金を我々はペットボトルに支払っているということなんです。だからドリンクのメーカーさんであるコカ・コーラやサントリーやキリンや大塚製薬などのは儲けているんです。

もう一つの記事で、1回は少額なのに結局は車並みの高い金額を支払っているということについてのお話をします。

↓ ↓ 皆様の応援のクリックに感謝しています。応援ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二大ビジネスモデルについて考えてみよう①

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

昨日は久しぶりに床屋に行き、バッサリ髪を切ってきました。出したお金は1890円でカットシャンプー髭そりがついています。この値段でここまでやってくれるので非常に満足です。

今、首都圏ではQBハウスという床屋がものすごく人気で、到る所駅近くに出店をしており、サラリーマンの人たちに大人気です。このお店が素晴らしい強みについて考えてみると様々な切り口があるのですが・・・

①10分で1000円。男の身だしなみというわかりやすいキャッチコピー

②キャッチコピーの中に含まれた強み⇒時間がかからない。

③カットのみ1000円。シャンプーや髭そりなどはやらない。

④デフレで人気。価格1000円で小遣いの厳しいサラリーマンに人気

といろいろあります。私は、カットのみは嫌なんですね。シャンプーと髭そりもしてくれる・・・それでいてこの価格なら納得というわけなんです。私は昨日お金を支払った1890円は新規顧客ではなく、リピートです。

昨日は企業収益のからくりについてお話しましたが、今日は二大ビジネスモデルについてお話しようと思います。

①1回に高額の買い物をしてもらう。

②少額の買い物を繰り返ししてもらう。

この2つになります。今日は①の1回に高額の買い物をしてもらうということについてお話します。

1回に高額の買い物というのはどのようなものが思い浮かぶでしょうか?

そうです。マイホームや車、大学などの教育機関などがこれにあたります。まだ買ったことのある人はほとんどいないかもしれませんが、お墓なんかもこれにあたります。

身近な生活用品だと洗濯機、布団、冷蔵庫、テレビ、などがあげられると思います。

この家や車や大学などの高額商品には企業が収益を上げるための3つの特徴があります。

何だと思いますか?

答えは・・・①リピート性がない。少ない。②消費者にも高額という意識がある。③新規顧客をいかに獲得するかが重要の3つです。

家を例にあげて話をしましょう。まず、家を買う時に「人生で一番高い買い物」というキャッチフレーズがあるようにリピートはよほどのことがないとありません。なので、新規顧客を毎回見つけないといけません。

ビジネスにおいてこの新規顧客を見つけるというのが一番大変です。こういう商品・サービスがあるよ・・・といってわかってもらってお客様になったとしてもその人がリピートすることはほとんどありません。ですから住宅の営業マンは必ずお知り合いをご紹介してくれませんか?と聞いてくると思います。

消費者側にも高くて当たり前、高いものだという認識があるからお金を支払います。

私はこちらのビジネスモデルは正直新規顧客開拓力がないと厳しいと思います。頑張って獲得したお客様自身が購入するのは1度だけで終わってしまうからです。例をあげて話をすると「お墓」がリピートするのに何年かかると思いますか?

答えはだいたい120年なんです。自分が生きているかどうかもわからない年月です。それぐらいリピートしないビジネスなんですね。昨日伝えたこれは新規顧客なのか?リピートなのか?というのはこういうことを考える意味でもビジネスセンスが磨かれるんですね。

明日は少額のものを繰り返して購入するビジネスモデルについてお話します。

↓ ↓ 皆様の応援に感謝しております。応援のクリックをよろしくお願いいたします。(小売業・卸業部門第1位)

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

企業が収益を上げるためのカラクリとは?

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

今日の記事が私がブログを書いての通算200記事目になります。私自身、始めたきっかけは見田村元宣さんの「朝9時までの超仕事術」の中に見田村さん自身ブログを書き始めたのが2007年の3月11日。この3月というのが春先から夏にかけて「早起き」というのが注目を集める時期だということがありました。

私は今まで自分自身のブランドがありませんでした。会社の名前にぶら下がっていた「ぶら下がりーマン」だったのです。この本を読んだのが何の因果か?3月20日の日曜日に立ちあげて3月21日から開始することになりました。

自分自身のブランドを作ることが当初はブログの目的でした。私と最近お逢いした方は個人名刺の中で成幸する5%の法則に当てはまり・・・と書いてあると思います。この5%の法則とは何なのか?これは実は素晴らしい話を聞いたときに実行する人は100人中、2割の20人しかいないんです。その場ではいい!と思ってもやる人は少ないのです。そしてその20人の中でさらに継続することのできる人間は20人の中の2割の4~5人しかいないのです。

自分がやると決めたこといたいして、この「実行力」と「継続力」のアピールが5%の・・・という意味の中に込めて個人名刺を作成したのでした。しかし、わかりにくい、もう少し自分の強みをわかりやすくしたほうがよい。何をしているのかよくわからない。このような意見を頂くようになりました。ありがたいことです。動いてみて批判されてみてわかるんです。

そうか・・・もう少し自分の強みをわかりやすく伝えないといけない・・・と考えるようになるからです。私自身、名刺を配ることで、このブログを読んでもらえる人が当初は1日1人もいるかいないか?だったのが今は毎日平均で20人の人が訪れるようになってくれました。継続すると毎月見てくれる人が増えるんです。

今は、このブログを出版を意識して書くようにしています。印税が欲しいからではありません。業界トップの5%の人たちと逢うことができるようになるからです。自分自身が5%の人であることをアピールしながら、5%の人たちとお付き合いすることでさらに自分自身が役にたてるのではないか?このように考えています。

今日は200通ということで、節目の記事数ということもあり、個人の話をさせていただきました。

昨日まではお金の支出に関することについて話をしてきましたが、今日からは企業は収益をどのようにして上げているのか?についてお話をします。

会社経営者でもない限り普通に働いているサラリリーマン、OLの人たちは毎月安定した給料というものがもらえているので、考えたことがないかもしれませんが企業は継続していくためには利益を出さないといけないんです。

私は継続できる会社が素晴らしい会社だと思っています。頭を深く考えずにシンプルにしてほしいのですが、「企業の収益」=「あなたの消費」ということです。

あなたは昨日何を買いましたか?晩御飯のおかずを作るためにスーパーに行って野菜や肉を買った。たばこを買った。のどが渇いたからコーヒーやお茶や水を買った。シャンプーがなくなりそうだから詰替えを買った。

単純ですが、あなたの日々の消費が企業の収益を上げています。そんなの当たり前だ!知っている!と思うかもしれませんが、もう少し突っ込んで考えてみて欲しいのです。企業は①新規顧客開拓②商品・サービスの利益率③リピート性の3つのバランスがうまくとれていることで収益が出ます。この3つが非常に大事です。

自分自身が今日何かお金を出して買った時に、

「私は新規顧客として買ったのか?」「この商品(サービス)の利益率はどれぐらいだろう?」「私はリピートとしてこれを買ったのか?」ということを考える癖をつけるとビジネスセンスが磨かれます。

明日は企業が収益を上げるための大きな2つのビジネスモデルについてお話をします。

↓ ↓ 皆様の応援で200通書くことが出来ました。イチローの毎年200安打を積み上げる「実行力」と「継続力」を見習って今後もよい情報をお伝えしていけるようにしていきます。応援のクリックをよろしくお願いします。ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

効果の薄い節約法と隠れた支出とは?

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

昨日の日曜日は2つの講演会に参加してきました。最初は道幸武久さんと漫画家の倉科遼さんとの対談、そしてブレイクする人、しない人の違いについて話をしていました。ブレイクする人とは・・・①探究心が強い。(十分な学習と訓練の下積みをしている)②貧乏であることを気にしない(報酬を気にしない)③自分を信じている(あきらめない)です。

また、コミュニケーションスキルが非常に大事であり、誰とのコミュニケーションスキルかというと自分自身とである。毎朝鏡を見ながら、自分自身に話しかけていくことの話をしていました。私もこれから鏡を見る場合には自分自身に話しかけ、褒めてあげます。

2つ目は須田達史さんと読書のすすめ店長の清水克衛さんの講演会です。この講演会はメモを取らない、考えない。ひたすら感じなさいというシンプルなもの。人間はあれこれ考えがちなので、感じるがままに宇宙からの視点を持って物事を見ることが大事だとの話でした。

普通の人とは違う「イッチャッテいる」ライフスタイルを送ることが面白い。地球人が所属している人間クラブではなく、①目に見えないものを見る②幻想主義というのが宇宙クラブでは大事なこと。人間は0.2秒の感じるだと・・・「閃き」で人が出てきそうなのに対し、0.5秒の考えるだと・・・「囚われる」でまわりにかこまれてしまって、ダメという話がなるほど!という気づきでした。難しく考えないで、自分の直感を信じて感じたままに動く。毎朝起きて腹式呼吸を行い、瞑想に近い行動を起こします。

昨日は、五大支出についてお話をしてきましたが、今日は効果の薄い節約法と隠れた支出についてお話をします。

周りの知り合いで、毎日スーパーの特売を探して、「あら、他よりも10円安いわ・・・」とか「今日しか値引きになっていないから並ばなくちゃ!」みたいな感じで1円でも安いところはないか?と動いている主婦の方はいませんか?これって効果のある節約方法ですか?

これって実は効果の薄い節約法そのままなんです。毎日安いところを考えて探して買い物に行く人は確かにずばらしいですが、月に1万円も安くなればいいほうではないでしょうか?それよりも、三大支出である「家」「車」「保険」を見直しただけで、かなり効果的な節約が出来ます。

三大支出を減らすことが最も効果的な節約法であり、五大支出を減らすことが次に効果的な節約法です。

次に隠れた大きな支出についてお話しますが、なんだと思いますか?

全員に関係のある話ではありません。答えは「こども」です。こどもをお金がかかるものと否定しているのではありません。きちんと成人になるまでに一人育てるのに約2000万円。うち教育費で1200万円はかかるということを理解しているかしていないかが大事なことです。

「こども」はいたほうが楽しいです。私にはまだいませんが、妄想というか想像をしています。

明日は企業がどのようにして収益を上げているのか?様々な事例をもとにビジネスのからくりについてお話をしていきます。

↓ ↓ 皆様の応援に感謝しております。参考になった・・・という人はクリックをよろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五大支出とは何かを知っておこう!

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

昨日は、中山マコトさんのコピーライティングのセミナーに参加してきました。14人ぐらいの少人数でしたが、考え方を学ぶことが出来ました。

コピーライティングはラブレターのようなもので、ある一人に対して1対1で話し掛けるように…ということと、お客様が商品を選ぶ理由を教えてあげることが一番大事だと学びました。

あとは、その考え方を自分の仕事に応用して実践していきます。

参加者の女性の旦那さんが懇親会の途中から参加したのですが、日本語を流暢に話す外人さんでした。話をしていて今年の3月のセミナーに参加していた時のゲリラ戦略マーケティングの講師であるウィリアムリードさんに似ている人だなあ…と思って話をしていました。

いくらなんでも本人がこの恵比寿のカフェにはいないだろう…と思っていたのですが、あまりにも似ているので、もしかして、ゲリラ戦略マーケティングのウィリアムリードさんですか?と聞いたら実際の本人でした。

衝撃的でした。足運びをしていると色々な出逢いがありますね。たくさん話をすることが出来、楽しい時間を過ごすことが出来ました。出会ったたくさんの人に感謝です。

昨日までは、お金の三大支出である、家、車、保険についてお話をしました。

今日はそれに2つ付け加えた五大支出についてお話をします。

あとの2つはなんだと思いますか?

答えは、外食と旅行です。外食は家族を持っている人はさほどかからないでしょうが、私と同じように一人暮らしをしていて料理をしないあなたは毎日どれぐらいのお金がかかっているでしょうか?

食費に毎日二千円使っていると仮定すると毎月六万円かかることになります。

1ヶ月の家賃と変わらない金額を使っていることになります。私は基本的に1日1500円と決めています。午前中は食べる場合は果物のみにしています。昼と夜で十分に食べることが出来る金額です。

もう一つの旅行は、なぜか!?毎年行かないと行けないと考えている人がいます。

旅行自体は日常生活では体験出来ない自分自身を成長させてくれる素晴らしいものです。否定はしませんし、行くべきですが、きちんと収支計画を考えているのかどうか?が大事なのです。

以上が五大支出になります。自分自身の収支と支出を考えたことのなかったあなたにぜひ一度紙に書き出して、整理してみることをオススメします。

明日は効果の薄い節約法と隠れた支出についてお話をします。

↓ ↓ 応援のクリックをよろしくお願いします。皆様の日々の応援に感謝しています。ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三大支出の中で保険に関する支出を知っておこう!

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

本日はこれから東京に向かいます。今日、明日と久々にセミナー&講演会参加の日程になっています。今日はお昼過ぎから「中山マコト」のコピーライティングセミナーに参加して勉強をしてきます。

明日は、お昼過ぎから道幸武久さんの講演会「天職との出会い」に参加した後に須田達也&清水克衛店長の講演会にダブルヘッダーで参加してきます。

細かい内容はまたブログにて書きます。人との出会いや知識を入れていよいよ実戦段階が近くなってきていることにわくわくしています。

昨日までは三大支出の中の「家」と「車」についての支出についてお話をしてきましたね。今日は残る三大支出の最後の「保険」についてお話をします。

皆様は「保険」に加入しているでしょうか?

日本でモノが売れた、または買ったという場合に3つの心理状況があります。

①欲しいから ②必要だから ③押し付けられて付き合いで仕方がなく

この3つしかありません。日本というマーケットの中でモノが売れる時にこの3つの中で一番どれで売れているのでしょうか?

答えは③のおしつけられて付き合いで仕方がなく です。その最もたる展開的なものが保険ではないでしょうか?

保険に関してですが、お金を払っている人は何に支払っているか?というと・・・万が一自分の身に何かが起きた時のことを考えて保険をかけているのですが、いざという時のための「安心」にお金をかけているんですね。

いざ・・・万が一・・・って起きますか?起きやすいんですか?起こる確率は高いのでしょうか?

普通に考えたら起きないんです。起きる確率は物凄く低いんです。人は簡単には死にません。昔に比べて医療が発達して、大きな病気やケガはしなくなっています。

あなたのまわりで亡くなっている人、大きな病気にかかって3ヶ月以上入院している人・・・たくさんいますか?

いないんですよね。いでもごくわずかです。仮に月に2万円の掛け金×35年間支払ったと仮定しましょう。2万円×12ヶ月=24万円 24万円×35年=840万円 新車の車が楽に1台、2台は変えてしまう金額です。

保険に関しては最低限で十分です。独身の人はまず不要です。いりません。入ったとしても入院保険のみで十分です。結婚していて夫婦二人で加入している場合には奥さんはいらないか、もしくは保険料を減らすのがよいでしょう。

全労災などの掛け捨て保険に入れば十分です。ここまで話をしてもまだ不安だ・・・保険は大事だと思っているあなたへ。

この世の中の企業はいかに我々からお金を搾取しようか?ということを考えています。保険会社も同じように我々からいかにお金を取ろうか?ということを考えています。若い人の保険の加入が減ってきたから、60歳以上の人も今から入れる保険!なんてのが最近は出来ていますが、これも我々からお金を取ろうということです。保険にお金をかけすぎるとお金が残らなくなってしまいます。私はもちろん生命保険には一切入っていません。

健康は自己管理です。自分自身の体について自信があれば間違いなく保険に関して見直しをしてみることをお勧めします。

明日は三大支出プラス二大支出を加えた五大支出についてのお話をしていきます。

↓ ↓ 三大支出について参考になった、ためになったという方は応援のクリックをよろしくお願いします。皆様の応援に感謝しております。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

三大支出の中で車に関する支出を知っておこう!

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

昨日は剥きたての秋の味覚の果物「梨」を食べました。非常にみずみずしくて美味しかったです。このような美味しい果物を食べることって非常に幸せを感じます。果物は人間にとって消化済みの食べ物なので、消化という人間が最もエネルギーを使う行動を行わないでよいのです。朝の4時から昼の12時までは果物だけしか食べないまたは何も食べないと眠くならずに仕事が出来ます。

昨日は、三大支出の中の「家」についてお話をしましたが、今日は「車」について話をします。車を持つことと持たないでタクシーに乗ることとどちらがお金が残ると思いますか?

本日も例をあげて説明します。今アメリカでは金持ちのステータスの象徴でもあり、日本でも原油高高騰の影響で大人気のトヨタのプリウスの新車を240万円で購入したと仮定しましょう。このプリウスを10年間使用した場合の毎月の維持費はどのようになるのか?考えてみましょう。

①車代として240万円÷10年間=1年あたり24万円。これを12ヶ月で割ると毎月2万円になります。

②毎月の駐車場代として地方と首都圏では差がありますが、仮に1万円とします。

③自動車税を年間4万円とすると毎月0.35万円になります。

④車検を2年で8.4万円と仮定すると毎月0.35万円になります。

⑤ガソリン代を毎月0.5万円と仮定します。

⑥毎月の保険で0.5万円だとします。

⑦その他の修理代・出かけ先のパーキング代などで0.3万円と仮定します。

合計すると・・・5万円になります。1ヶ月に5万円の維持費がかかっている計算になるのです。年間で60万円。10年で600万円。20年で1200万円。40年で2400万円。1200万円は子供一人にかかる教育費と同じです。

つまり車を一台持たなければ子どもの教育費は出せるということなんですね。一番最初にした質問の車を持つこととタクシーに乗ることではどちらがお金が貯まるか?の問いの答えはもうおわかりですね。毎月5万円分タクシーに乗る方が私は難しいと思います。車をローンで支払うとなると・・・さらに毎月の返済は増えるわけです。

私も今は首都圏ではないので、車を持っています。地方は電車に乗る頻度がものすごく低いので、必需品になっているのも事実です。首都圏に住んでいる方は絶対にいらないです。レンタカーで十分です。

明日は、三大支出の中の最後の三つ目。「保険」についてお話をします。

↓ ↓ 皆様の日々の応援に感謝しています。ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三大支出の中で家に関する支出を知っておこう!

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

一昨日の会議で、今年の秋に出る商品で私が本気で取り組もうという商品に出逢うことが出来ました。その商品とは家庭用の本格的なカフェが楽しめるカプセル式ホームバリスタなんです。

家庭用とは言っていますが、一般のオフィスや事業所にももってこいの商品です。この商品の何が魅力かというと・・・

①新規顧客獲得②利益率③リピート性の3つです。会社を興すときにこの3つがしっかりしていれば会社はつぶれないでまわります。このホームバリスタの何が私を一番本気にさせたかというと③のリピート性です。新規顧客をみつけることは非常に大変です。そのお客様を何回も見つけるのではなく、一度このバリスタの本体を購入して頂き、カフェが飲みたいという場合にはコンビニにしか置いていない専用のカプセルを買わないと飲めない仕組みになっているんです。

これは一度お客様に購入してもらったら、再びお店に訪れてカプセルを購入して頂ける素晴らしい商品なんです。この商品、本体価格14800円ですが、世の中の出回っているものと比較すると3万円近く安いんです。売れないわけがないし、このような良い商品こそお客様にすすめていかないといけない、このように思っている次第であります。

昨日はお金の3大支出とは何か?についてお話をしてきましたね。今日はその3大支出の中の一つ、「家」についてお話をしますね。

「家」にかけるお金はどれぐらいだとよいのでしょうか?

自宅で親に世話になっている人は除いて、家賃を支払って住んでいる場合には実質収入の2割が上限と考えてください。例えば、実質収入(税引き後の手取り)が30万円だとしたら6万円までが家賃で使っていいお金だということです。これ以上使っているとお金は手元に残りにくくなります。

私の場合はもちろん2割を切っていて14.8%が「家」にかけているお金です。駐車場代も込になっています。

家賃を支払って住んでいる場合ではなく、住宅ローンを組む場合はどうでしょうか?「マイホームを購入しよう!」というのは夢としてあると思います。

その場合は、総額でいくら支払うのかを確認して、毎月いくらの返済になるのか?まで考えないといけません。マイホームを買おうという人は子供がいるので、教育費との二重負担になります。

二重負担になったら手元に残るお金はありません。毎月が自転車操業のようになって、家計は火の車状態になるのは目に見えることです。結婚して子供が出来ると自分の親や相手の親から家は買わないの?というようなプレッシャーに負けて購入してしまう人を見かけます。

家は「資産」と「負債」のどちらになるのでしょうか?

一括払いであれば家は「資産」になりますが、ローンでの支払いは「負債」です。家を持つことは「資産」だと考える人が非常に多いですが、ほとんどが「負債」です。純資産はマイナスになっています。

一生を住宅メーカーの利益を上げるために、カード会社の利益を上げるために働くことになるのです。我々が負債を抱えるということはどこかの誰かが「資産」を得たのと同じことなのです。世の中の貸借対照表として見る目が必要なんです。

明日は、三大支出の二つ目の「車」についてお話をしますね。

↓ ↓ ためになった、知識になったという場合には下記のクリックをよろしくお願いします。皆様の応援に感謝しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

三大支出とは何かを知っておこう!

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

昨日は東京で会社の会議がありました。今は9月ですが、すでに会議の内容は「クリスマスケーキ」と「おせち料理」についてのお話です。入社当初は「早い!」という感覚がありましたが、今では当たり前という感覚になってきました。季節の催事は前倒しで行わないといけないんですね。

今年のお節料理について昨日はどのようにすればお客様に価値を伝えることができるのか?ひたすら考えていました。ある程度アイデアが出てきているので、今年は実践していけるようにしていきたいと思っています。かなり今からわくわくしています。お客様に価値を伝える行動を意識していきます。

昨日までは、「収入と税金のチェック」について何日にもわたりお話をしてきました。今日からは「支出と貯蓄のチェック」についてお話をしていきます。

まず、支出の確認が必要ですが、自分自身が毎日、毎週、毎月何にいくらお金を使っているか把握は出来ているでしょうか?メモか何かでチェックはしているでしょうか?

この支出のチェックを行っていく中で、三大支出というものがあります。支出で大きなもの3つということですが、何なのでしょうか?

「家」と「車」と「保険」の3つです。これが三大支出というものです。この3つに対する支払いが多ければ多いほどお金は残りませんし貯まりません。でも、人間は3つともなぜか?支払っていても「当たり前」という感覚があって、なかなか見なおそう、減らそうということはないんです。

自分自身がこの3つについて毎月いくら支払いを行っているのか?を考えることは非常に重要です。自宅が実家の人がお金が貯まる理由がここにあります。車を持っていない、保険にも入っていない人がお金が貯まる理由がここにあるんですね。

明日は、この三大支出の中で「家」についてのお話をしていきます。

↓ ↓ 皆様の応援のクリックに感謝しております。昨日押していただいたかたありがとうございます。本当に感謝です♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

節約の重要性をしっかり認識しよう!

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

一昨日、昨日と一円マンオレンジという人と逢い、話をしてきました。一円マンオレンジとは何者か?というと・・・

====================

04年から開始している中国内モンゴルの植林は4年間で28万9千本植えることが出来ました。09年の植林はメッセージを伝えていこうと思っています。

「一人一人の力は微力かもしれない。でも決して無力ではない。」

地球温暖化が進み、雨が世界で降らなくなってきています。しかし、植林をして、木を増やすと雨が降ることがわかりました。来年からは植林は1円玉を集めてやっていきます。小さな力を重ね集めれば大きな力になり、いっぱい木を植えれる、森を守ることを伝えるために動いていきます。ぜひご協力ください。

====================

一円マンオレンジのメルマガは下記から登録することが出来ます。あなたの住んでいる県に来たらぜひ、メールを返信して温かく迎えてください。

00530899s@merumo.ne.jp   です。

昨日はお金を残す3つの理由についてお話してきましたが、本日はお金について最も大事な力「貯める力」の中でかかせない節約の重要性についてお話をします。

節約というとどのようなイメージを持つでしょうか?ケチとか思い浮かぶかもしれませんがそういうお話ではありません。無駄な浪費をやめる。これだけで十分な節約になります。

節約が出来ない人はいくら「稼ぐ力」があっても決してお金を残すことは出来ないのです。稼いだ分は稼いだ分だけ使ってしまう。稼ぎが少ないのにお金が貯まらない人は身分不相応の生活を行っているということです。

通常1000円の服が20%引きの800円で買うことが出来ました。これは節約ですね。通常50000円する携帯電話が今なら40000円で購入することが出来ました。これは1万円の節約ですね。

ベンジャミンフランクリンは言いました。「1ドルの節約は1ドルを稼ぐのと等しい」日本語にわかりやすく直すと「携帯電話を1万円安く購入できたことは1万円を稼いだことと等しい」になります。

この言葉ははたしてあっているのでしょうか?

答えは間違っています。1万円を得るには依然「実質収入」ということについてお話をしてきましたね。つまり、税引き後の1万円を手にするためには30%の税金がかかっていると仮定して計算すると、1万円÷30%=14285円になります。

つまり、1万円節約することは、1万4千円稼ぐことと等しいのです。

1万4千円稼いで始めて手元に1万円残ることになるのです。いかに1万円節約することが大事か理解できたでしょうか?目から鱗の考え方ではないでしょうか?

お金を支払う時にこのお金を稼ぐには1.4倍稼がないといけないことを認識して支払うと無駄遣いは減るのではないでしょうか?人生を豊かにするための投資が出来るようにぜひ浪費はしないで節約してお金を残すようにしていきましょう。明日は「支出」についてのお話をしていきます。

↓ ↓ 皆様の応援のクリックに感謝しております。目から鱗、新たな気づきを得た人はクリックをぜひしてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お金を残す3つの理由について知っておこう!

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

昨日は、玉川村で上映された「六ヶ所村ラプソディー」という映画を見てきました。この映画は今、我々が当たり前のように使用している電気の3分の1が原子力によるもので、そのリサイクルのための施設が青森県六ケ所村にあり、その周りの人々の生活を描いた物語です。近くに住んでいる住民だけではなく、我々にも関係のある問題で、無駄な電気の使用は控えないといけない。。。そう気付かされ行動しなければと思わせる映画でした。

昨日まで2日間かけて、PLとBSを作成することについてお話をしてきましたが、本日はなぜ純資産(自己資本)を増やして、いくことをしなければいけないのか?お金を残す理由にについてお話しますね。

お金には3つの力があることで増えると私は考えます。

①稼ぐ力 ②貯める力 ③増やす力 の3つになります。一番最初にお金を残すために必要なお金の力はどれになるでしょうか?

そうです。②のお金を貯める力なんです。①の稼ぐ力はあっても、借金をしている芸能人やプロスポーツ選手はよく見かけると思います。逆にサラリーマンの人でも②の貯める力があれば、借金をしている芸能人よりはお金が手元にあることになるのです。

お金を残す3つの理由とはなんでしょうか?

①種金(火種)なしでは何もできない

②人生でオプションを増やすため

③人生を有利にするための商品・サービスを買うため

大きく分けるとこの3つになります。お金が手元になくて「カツカツ」の生活をしていることを想像してみてください。日々の生活にいっぱいいっぱいで動くことが出来なくなります。何をやるにもお金が・・・ということになり、何も身動きがとれなくなってしまうのです。

種金があって初めて、様々なことに挑戦(投資)することが出来ます。投資をすれば100%失敗をして学びます。100戦100勝の人は絶対にいません。何回も投資をすることができる火種があるかどうかは非常に大事なんです。

お金が貯める力があればある程、様々な選択肢の幅が広がりますし、広げることが出来ます。本来はこちらを選びたいのだけれども、もう少し貯めてからでないと出来ない・・・という風に行動に制限がかかってしまうのです。

その行動を制限させないことで、自分の人生を有利にするための商品やサービスにお金を使うことが出来ます。これは以前お話した「浪費」「消費」「投資」のどれになるでしょうか?

もう私のブログを読まれている人はおわかりですね。「投資」になります。

これは何も「株」や「不動産」に投資をしましょうという意味ではありません。自己投資に投資をするということです。

明日はお金を貯めるために絶対に必要な「節約の重要性」についてお話しますね。目から鱗の話が飛び出すと思います。

↓ ↓ 皆様の応援のクリックに感謝しております。ありがとうございます。

にほんブログ村

| | コメント (1) | トラックバック (0)

PLとBSを作成してみよう!②

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

昨日は後輩に頼んで買って来てもらったお土産、北海道は帯広市の菓子メーカー「柳月」の三方六というバームクーヘンを食べました。三方六とは、1965年に北海道開拓100年を記念して作られたお菓子です。名前は、三方六寸に切られた薪をイメージして作られています。縦に切られたバームクーヘンであり、白樺の木肌をミルクチョコとホワイトチョコの2色で表現しているお菓子です。

このバームクーヘンの凄いところはあらかじめ10切れにカットされていることです。昔のバームクーヘンはカットされておらず、切り分け用のナイフが入っていましたが、今は購入時に希望すればもらえるように変っているのです。お客様の要望をきちんと反映してあらかじめ食べやすいように切ってある・・・心使いがありがたいお菓子です。美味しかったですので、ぜひ皆様も北海道に行く機会がありましたらお勧めいたします。

昨日は、PL、BSの作成のPL(損益計算書)についてお話をしましたね。本日はBS(貸借対照表)の作成についてお話をしますね。

再度確認しますが、BS(貸借対照表)の作成目的は・・・

①資産と負債を明確にすること

②純資産を把握すること

の2つです。特に②の純資産を把握することは非常に大事です。いくらいい車やいい家に住んでいても実はここがマイナスでいまにも危うい生活をしている人というのはいるのです。

純資産とは何なのでしょうか?また、どのようにすれば純資産がわかるのでしょうか?

まず、①の資産の把握から行いましょう。資産には2つあって、一つは流動資産、二つ目が固定資産です。

流動資産とは資産のうち、通常1年以内に現金化、費用化が出来るモノを言います。現金や預金が例です。

固定資産とは基本的に土地や家屋のことです。自動車税の課税対象になる車やバイクは固定資産には入りません。

そのあと負債の把握を行います。土地、家を持っていても負債がどれぐらいあるのか?

この資産の合計から負債を差し引いたものが純資産になります。私がアドバイスをしているコンビニでは純資産のことを自己資本といいます。自己資本が増えないとお店の経営は安定しません。毎月毎月資金繰りのことを考えて商売に専念できなくなってしまいます。

コンビニの例で考えると資産を増やすには利益を増やさなければいけません。利益を増やすには大きく3つに分けられます。

①売上をあげる ②経費を削減する ③GP%(荒利率)を上げる

この利益額を増やし、生活費として必要な経費を差し引いて残ったお金が自己資本、つまりは純資産になるわけです。コンビニの場合はお酒・タバコなどの在庫が資産になり、通常600万円ぐらい資産があると仮定すると負債が350万円の場合は自己資本(純資産)は250万円になるのです。

明日は、なぜ純資産を増やしてお金を残さないといけないのか?についてお話します。

↓ ↓ 皆様の応援のクリックに感謝しております。ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PLとBSを作成してみよう!

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

昨日は、会社の先輩の送別会がありました。1年2ヶ月しか一緒に仕事が出来ないという予想よりもかなり早い人事異動でしたので、非常に残念です。しかし、考え方を変えれば、それだけ早い異動だったのも先輩の活躍する場を新たに会社が提供してくれたと思えるので、他部署でも実力を発揮してもらいたいと思います。本当にお世話になりました。

昨日は実際にお金の年収600万円を例にして税金の計算をしてみましたね。税金の計算方法は細かいと難しいかもしれませんがおおざっぱに年収の3割をひいたものが実質年収と考えてもらうとよいと思います。

今日はPL,BSを作成していくためのお話をしていきます。まず、PL,BSとはそもそも何なのでしょうか?

横文字は苦手だな・・・とか名前は聞いたことあるけどよくわからないから・・・と今まで敬遠していた人はぜひ覚えてください。

PL ⇒ 損益計算書 何のために作成するか? お金の収支を明確にするためです。

BS ⇒ 貸借対照表 何のために作成するか? ①資産と負債を明確にすること。②純資産を把握するためです。

PLについてお話をしましょう。お金の収支を明確にするということですが、どのように求めればよいのでしょうか?

①毎月の収入

②毎月の支出

③毎月の収支

①ー②=③になります。仮に会社から毎月給与で税引き後30万円をもらっているとしましょう。

②については、人それぞれでしょうが、大きく分けると・・・

家賃・生命保険代・電気代・ガス代・水道代・携帯電話代・パソコン通信費代・食費・車の損害保険・ガソリン代・こづかい・飲み代・タバコ・ペットボトル代・書籍代・・・など様々な支出があると思います。

全てを書き出してみてください。漏れのないように1個1個書き出してみましょう。

計算ポイントが一つあって、サラリーマンの人で賞与(ボーナス)をもらっている人は年間もらっている金額を12ヶ月で割って毎月の収入にプラスする。

年に1回支払う自動車税のようなものも12ヶ月で割って毎月の支出に組み入れるようにすると漏れはさらに減ります。

毎月の収支がこれできちんと数字として出ると思います。

ほとんどの人は自分のお金の流れの収入と支出について紙に書き出すことはほとんどしません。だからお金が貯まらないと言ってもよいでしょう。自分のお金の流れをきちんと把握していない人ほど「お金がなぜか貯まらないんだ。何に使っているかわからないんだけどね」という発言をしています。あなたの周りにもそのような人はいないでしょうか?

本当にお金に困らない人間になる、なりたいのであれば、家計簿をつけるということは非常に大事な行動です。未だに日本人のイメージとして家計簿をつけている人は「お金に細かい」などとネガティブなイメージを持っている人がいますが、そうではないということです。

明日はBSの作成についてお話いたします。

↓ ↓ 皆様の応援のクリックに感謝しています。ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年収600万円の場合の税金の計算をしてみよう!

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

後輩が先日姉が北海道で結婚式を挙げるので、帰るということになったのでお土産を頼みました。3つ欲しいものがあり出来れば全部買ってきて欲しいが、無理なら1つでよいです・・・と。

①カルビー じゃがぽっくる ⇒ 入手難易度★★★★☆

1000円のお菓子で大人気。ジャガビーが生まれた元になった北海道限定のお菓子。空港で陳列後即売り切れる幻のお菓子。ネット通販不可。

②花畠牧場 生キャラメル ⇒ 入手難易度★★★★★

芸能人の田中義剛が経営している牧場のとろける生キャラメル950円。空港で陳列後30分で1000個以上が飛ぶように売れる手に入ったら奇跡的な商品。ネット通販不可。

③柳月 三方六 ⇒ 入手難易度★★☆☆☆

帯広限定の地元のお菓子屋さん。三方六というバームクーヘンが人気。ネット通販可。

私は③のバームクーヘンは食べたことがなかったので、おそらくはそれを買ってきてくれるであろうということで頼みました。予想通り①②は3時間待ちの激混みで無理とのことでした。柳月という会社は「日本でいちばん大切にしたい会社」に掲載されているたった5社のうちの1社なので食べたいというのがあったのです。興味ある方はぜひ、この本を読んでみてください。泣ける本です。おススメです。

http://www.asa21.com/tb1/nihonde_itiban_taisetunisitai_kaisya.html

昨日は実質収入のチェックについてお話をしてきましたが、本日は税金の計算について例をあげてお話をしていきます。年収600万円の人を例にして計算してみましょう。

今まで、自力で税金の計算をしたことがある人はいるでしょうか?

なかなかいないのではないかと思います。ぜひ一緒に計算をしていきましょう。

①年収全てに税金がかかるわけではなく、給与所得控除と言って差し引かれる分がある。⇒ http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm

これにそって計算すると600万円×20%+54万円=174万円 600万円ー174万円=426万円

②この426万円に税金がかかるわけではなく、所得控除と言ってさらに差し引かれる分があります。⇒  http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1100.htm

人によって控除になる分は様々ですが、ここでは145万円分あったとして仮定して、426万円から145万円引くと281万円になります。

③この281万円に所得税と住民税がかかります。所得税の求め方に関しては下記のURLを参考にしてください。⇒ http://tt110.net/22syoto-zei/T-syotoku-zeiritu.htm

 281万円×0.1%-97500円=18万円(所得税)

住民税は計算式はありますが、簡素化するためにおおよそ281万円の10分の1が住民税にあたるので、28万円。税金の合計は46万円になるわけです。給与全体の7.6%です。非常に少なく見えます。

④社会保険料の計算

健康保険と厚生年金の支払いがあります。事実上の税金と同じことです。計算の仕方は下記のURLを参考にしてください。⇒ http://www.kawagoe.or.jp/tools/index.htm

会社と本人が給与比率の約20%を折半しています。が、実際は本人が全額負担しているんです。会社は実は全く負担していません。会社負担分と思われる金額を最初から引いて給与として渡しているんです。つまり、600万円ではなく720万円は実際のお金なのですが、あらかじめ120万円を引いて600万円というかたちで渡しているんです。

実際の税の合計税率は所得税・住民税・社会保険料をあわせると28%前後になります。約3割近くが税金と考えると細かな計算をしなくてもおおざっぱに出すことが出来ます。

明日は自分のPLとBSについてのお話をしていきます。

↓ ↓ 皆様の応援のクリックに感謝しております。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年収ではなく実質収入を計算できるようになろう!

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

一昨日の皇居に行く前に東京は銀座にある「ナチュラルハーモニー」というお店の2階にある「日水土」というオーガニックレストランに行ってきました。

このオーガニックレストランは道幸武久さんのセミナーの時に偶然お会いした女性の方から私がオーガニックレストランが好きなことを話したら教えてくれたところだったのですが、大満足の食事が出来たお店でした。

ランチは野菜コース、魚コース、肉コースとあり野菜コースを選んだところ様々な野菜の料理が9種類少しづつプレートにのって運ばれてきました。ご飯も味噌汁もおかわりすることができ、お店の店員さんの接客もよく心もお腹も満たされたレストランでした。

ここでは食べるだけではなく、野菜のきちんとした選び方のスクールも行っているので、興味ある人は行ってみるとよいと思います。有機野菜だから全てよいとは限らない・・・などいろいろな話を聞くことが出来ます。おススメのレストランです。銀座に行った時にはぜひ寄ってみてください。

http://www.naturalharmony.co.jp/

昨日までは「お金の殖やし方」について3つの方法についてそれぞれ細かくお話をしてきました。今日からは「収入と税金のチェック」についてお話します。

人の稼ぎはどのように判断するとよいのでしょうか?年収はその物差しに成りえるでしょうか?

まず、実質収入のチェックから始めましょう。よく人の稼ぎを「年収いくら」という形であらわしますが、ほとんど意味はありません。額面の金額ではなく、実質収入がいくらなのか?を把握しておかないといけないんですね。

実質収入を計算するには・・・

①税金について詳しくなる必要がある

②所得税、住民税、社会保険料の計算ができる

ことが必要になってきます。今日は計算の仕方に関しての話はしません。明日以降お話をしたいと思います。

我々は大事なお金の知識についてほとんどの人は無関心です。私も今まではそうでした。会社からもらっている給料は税金やら保険やらでひかれてこんなに減るんだ・・・というぐらいしか考えていませんでした。

お金のことについて計算したり考えたりすると未だに日本人の心の中には「いやらしい」とか「がめつい」というネガティブな意識がまだまだあるように思いますが、私はそうは思いません。今のこのご時世で自分のお金のことに関しての知識があるのかないのか?で変わってくると思います。

なんとなくお金の話はよくわからないから苦手だな・・・会社が勝手に計算してくれているのだから別に知識なんか必要ないんじゃない?と思っていただいている人にこそ明日以降のお話を聞いて頂ければと思います。

↓ ↓ 皆様の応援のクリックに感謝しています。日々の応援ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再投資の方法は2種類あることを知っておこう!

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

昨日は、会社が休暇だったため、東京へ行ってきました。東京のどこへ行ったかというと「皇居」です。「皇居」は東京駅近辺にありながら、近くは何回も通っていましたが、入ったことは昨日が人生で初めてでした。

「皇居」とは簡単に言うと江戸時代に徳川歴代将軍が居城としていたところであり、明治維新の後に明治天皇が京都から移ってきて以来、天皇がお住まいになり、宮殿では諸行事が行われるようになったのです。

1月2日の天皇陛下が窓ガラスの中から手を振って広場に日本国の旗を持って国民と共に新年をお祝いする一般参賀の行われる場所を見てきたり、新内閣が発足するときに記念写真を撮る黄色いじゅうたんのある宮殿を見てきました。

警備をしていたおじさんから教えてもらいましたが、窓ガラスには常に防弾ガラスがついているわけではなく、天皇陛下が手を振っている時だけつけているそうです。警備体制は万全だと感じました。

東京という高いビルが立ち並ぶ中で、時間がゆっくりと流れるオアシス的存在の「皇居」はおススメです。ぜひ時間を作って一度行ってみてください。

昨日は、お金の知識で「支出を減らす」ことについてお話をしてきましたが、今日は「残ったお金を再投資する」という方法は2種類あることについてお話をします。

残ったお金を再投資する方法は2種類あるのですが、何と何が思い浮かぶでしょうか?

昨日実はすでに一部お話をしているのですが・・・

①金融(不動産)投資 ⇒ 低金利・世界的な景気低迷でおもわしくない。

②自己投資 ⇒ リターンが高く確実性がある。昨日の「皇居」への参観は自己投資です。

再投資するにもお金の流れが平均的にどのようになっているか考えてみると、30歳月収30万円のサラリーマンを例に取ると、税金で20%の6万円、消費支出で75%の22万5000円、再投資できるお金は残り5%の1万5千円というのが主なところです。

周りの人たちを見ていると毎月25日になると支払いに奔走し、ATMの長蛇の列に並ぶ人はいるのではないでしょうか?

このような人たちは再投資するお金が上記のようにないのです。毎月決まった額を全て使い切り、お金は昨日お話した「浪費」にほとんどを使い果たしてしまうのが原因です。

私が思うにはお金を殖やすのであれば自己投資にある程度使わないと絶対に殖やせません。もらっている給料の最低10%、この場合は3万円は自己投資に使うのです。正直税引き後24万円の中からの3万円なのでかなり痛いですが、痛みを感じる額でないと回収しようと本気で思えないからです。

それは行っているという人は、私が考えている理想の投資額は自分が欲しい月のお金の額の10分の1を投資するとよいと思います。この場合は100万円の月収が欲しいと思ったら毎月10万円は自己投資するということです。

以上が再投資の2種類になります。明日は「収入と税金のチェック」についてお話をしていきます。

↓ ↓ 皆様の応援のクリックに感謝しています。ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支出は3つに分類されることを知っておこう!

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

昨日は私が担当している本部直営店の閉店日でした。私自身、今まで現場で5年間コンサルタントの仕事をしていますが、閉店に携わる仕事は初めてでした。

閉店は非常に周りのお客様の失望をかいますし、周りのお客様を不便にしてしまいます。銀行がない地域であったため、コンビニ店舗の中に銀行がある便利さや公共料金の支払いが24時間いつでもできるという便利さがなくなってしまうことの辛さや「なぜやめるのか?」というお客様からの厳しい言葉に真摯に対応することを学びました。

本部の都合で職を失わなければいけない従業員さんに対するねぎらいや心のケアを学びました。

閉店は1日ですべてのものを撤去してお店を空けなければいけません。何もなくなった店舗を見ると非常に淋しい限りですが、閉店ということにならないように毎日のお客様に対しての接客や品揃えを見直して仕事をしていくことを改めて感じた昨日でした。

昨日は、お金の殖やし方の一つ目である「収入を増やすこと」についてのお話をしてきましたが、本日は二つ目の「支出を減らす」ことについてのお話をします。

支出というものには大きく分けるとお金の使い方として3つの分類にわけることができるのですが、どのように分類することができるのでしょうか?

支出というものは次の3つに分けることが出来ます。

①浪費 ⇒ 将来リターンとして返ってこない。

②消費 ⇒ 将来リターンとして返ってこない。

③投資 ⇒ 将来リターンとして返ってくる。自己投資や金融投資を行うことです。

①の浪費は、新型の薄型プラズマテレビやスノーボードの板や衝動買いした服や靴、上司の愚痴を言う飲み会代などです。競馬・パチンコ・宝くじ等のギャンブルもあてはまります。これは買わなくてもよいものなのに自分が欲しいということで買ってしまう一番将来に対しては何も利益を生まないお金の使い方になります。

②の消費は生きていく上で必要なお金です。食事代や水道代や電気・ガスなどの光熱費や電車やバスの代金や家の家賃などです。これは毎日最低限生きていくために支払わなければいけないお金の使い方になります。これも利益は生みません。

③の投資は書籍を買うとかセミナーに参加するとか人との出逢いに使うとか将来リターンとして返ってくるお金の使い方です。金融資産への投資は昨今、厳しくなってきていることを考えると自己投資が最も効率的な投資になっています。

人はお金を使う時に給料で入ったと仮定する25万円を上記の3つの分類にどのように使っているのでしょうか?

ほとんどの人はお金を使う時に上記の3つを意識して使っていません。なので、ほとんどの人は②に15万円使い、①に10万円使い、③に使っているお金はほとんど皆無なのです。

お金の投資の比率が①40%②60%③0%なのです。

私のブログを読んでくれている読者の皆様は上記のような人ではなく意識の高い人が多いので、②の15万円は同じでも①に5万円③にも5万円使っているとすると・・・

お金の投資の比率が①20%②60%③20%になるのです。

私は③の自己投資に最もお金をかけています。私の投資の比率は①10%②50%③40%という使い方になっています。

今年に入ってから9月までで③への投資に200万円以上は投資しています。書籍は100冊以上購入していますし、セミナーや勉強会への参加は毎月3回~4回、参加できなくても様々な知識が学べる社長の話が聞けるCDやDVDの購入などです。

支出を減らすポイントは①の浪費をいかに減らすか?に尽きます。

自分自身がお金を使う時にこの支払は上記の3つのどこにあてはまるのか?を考えて使うだけでもかなり違ってきます。明日は、お金を殖やす最後の方法、「残ったお金を再投資」することについて書いていきます。

↓ ↓ ためになった、参考になったという場合は下記のボタンのクリックをして頂き、応援していただけると嬉しいです。一人でも多くの人にお金の知識を読んで頂きたいので・・・皆様の応援に感謝しております。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

収入を増やす3つの方法について知っておこう!

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

昨日は、お金の殖やし方3つの方法についてのお話をしてきました。

今日はその中の一つの方法である「収入を増やす」ということについてお話をします。このお話はサラリーマンの人に限らず、お金を増やしたいと思っている人には、価値があり、役に立つお話です。

お金を殖やすには「収入を増やす」ことが必要ですが、大きく次の3つに分けられます。

どのような方法が考えられるでしょうか?ぜひ考えてみてください。

①スキルアップして転職、年収アップ

②ビジネスを立ち上げる

③サイドビジネスをする

この3つにはそれぞれ違った特徴があります。お金の流れという点を川から流れてくる水に例えて話をします。

①に関しては自分で勉強して、資格を取ることや営業のスキル・知識を増やして他社に転職する、もしくは今働いている会社でリストラされないで、収入がアップすることも同じです。

川の流れで見ると今まで水を運んでいたバケツよりも少し大きく水を運べるようにはなりますが、お金の流れは1つだけです。そこが止まってしまうと水(お金)は流れてきません。

②に関してもビジネスを立ち上げる中でも2つの違いがあります。一つはロバートキヨサキの金持ち父さん、貧乏父さんにある「S」のセルフエンプロイード。つまり自営業者です。自分が組織の中に入って会社を動かす方法と「B」のビジネスオーナー。これは自分が組織の中に入っているのではなく、組織の外に所属することで、会社がまわっていることを差します。

川の流れで例えると「S」は転職と同じようにお金の流れは一つだけですので、止まってしまうと収入が入ってこなくなります。しかし、ビジネスオーナーは水道のパイプラインを1つ作った後にもう一つ別なパイプラインを作ることが出来るので、ビジネスを立ち上げる意味でも異なる2つの方法があります。

③に関しては今、行っている仕事は辞めないで、新たに他の仕事をするということです。例えば、今流行りの「週末起業」は月曜日から金曜日までは会社のお金を稼いで、週末の土日は別のビジネスを行うことでお金を増やそうということです。

これも川の流れで考えてみると給料という1つの川だけではなく、もう一つの川(お金)の流れを作ることになるので、大きな収入アップにつながる可能性があります。

以上が「収入を増やす」3つの方法になります。明日はお金を殖やす3つの方法のうちの2つ目。「支出を減らす」についてお話をしていきます。

↓ ↓ 参考になった。ためになった。新たな知識を得たという方は下記の応援のクリックをよろしくお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お金の殖やし方について3つの方法を知っておこう!

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

昨日は「1日30分を続けなさい!」の著者である古市幸雄さんの「お金の勉強会」に関するセミナーに参加してきました。我々は今まで学校で「お金」についてきちんと学ぶ場という経験はほとんどなく、それが原因でお金に関して困っているという人たちがたくさんいます。

例をあげて言うならば毎月給料日の25日になると支払いに悩まされる・・・ATMの長蛇の列にいちいち並ばないと支払いが出来ない・・・といったことです。

私は意識的にお金のことを学ぶことは今までなかったですが、自分の今までの行動は昨日の話の中とそれほど誤りはなかったので、上記のような行動はしないで済んだということがわかりました。昨日の学びに自分の「お金」に関する実体験をプラスして話をしていきます。

今日は昨日学んだ「お金」というものの殖やし方についてのお話です。

お金を殖やすには3つの方法がありますが、どのようにすればよいのでしょうか?

お金を増やすには当たり前と思われるかもしれませんが、次の3つに集約されます。

①収入を増やす

②支出を減らす

③残ったお金の一部を再投資して増やす

頭ではわかっていてもなかなかお金が殖えない要因は意識して「お金」というものを考えていない人が多いのではないでしょうか?

自分の毎月の収入がいくらで、毎月の自分の支出がいくらで、使えるお金(再投資できる金)はこれぐらいというのをおおざっぱになんとなく考えているからだと私は思います。

私は「マンダラ手帳」というものを使って毎日自己管理をしていますが、毎日使った金額はメモを取っておく癖をつけています。最初は慣れませんが、習慣化することができれば可能になります。

今日はここまでのお話にしておきます。また、明日お金の殖やし方について上記3つのことについて細かく話をしていきます。

↓ ↓ ご協力ありがとうございます。応援のクリックをよろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

一番売れるチルドプリンとは?

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントのノブリンです。

今日は1日30分を続けなさい!の著者である古市幸雄さん主催の20名限定「お金の勉強会」セミナーを受けに東京に来ています。20名限定だけあって高価格帯のセミナーになっています。

しかし、お金の勉強をしている人は世の中にどれだけいるでしょうか?お金のことについて学校で習ったことはありますか?ないんですね。だからみんなお金の流れがわからなくて、苦労しているというのがあります。

私はお金で苦労したことはありません。(一生しない運勢だと言われました♪)悪い借金・キャッシングもしたことは1回もありません。(よい借金はすべきです。)これから先の自分の人生をさらによりよいものにするために「お金」について学んできます。

明日のブログでセミナーの内容を紹介するので、ぜひ読んで皆様の将来のお金に対しての学びになれば幸せであります。

さてさて、今日は秋口のこれからが年間で最も冷蔵(チルド)プリンが売れてくる時期なのだけど、一番売れているプリンはなんだかご存知でしょうか?

一番売れているのは森永の焼プリンなんですね。なぜこのプリンが売れるのか?というと表面にしっかりと焼色が付き高級感がある見た目の一方で、税抜き希望価格が105円と非常に割安感があるんです。

遠赤外線オーブンで長時間焼き上げており、凝固剤で固めた「ゲル化プリン」とは異なる商品なんですね。コンビニでもスーパーでも販売しております。秋の嗜好の変化で食べたくなるプリン。プリンが食べたくなったら「焼プリン」食べてみてくださいね。

それでは今日も美味しいデザートが食べることができる環境に感謝して生きていきましょう。それではまた明日!

森永 焼プリン ほろにがカラメルソース 140g 森永 焼プリン ほろにがカラメルソース 140g
販売元:ネットスーパーtakenoko
ネットスーパーtakenokoで詳細を確認する

↓ ↓ プリンが食べたくなった。焼プリンがTOP売筋と初めて知った・・・という方は下記をクリックしてください。皆様の応援に感謝しております。ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

餅が今の時期に売れているワケ

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントのノブリンです。

もう~いくつ寝ると~お正月~♪というお正月に食べる機会が増えるお餅ですが、なぜか!?今の時期に餅が売れているのです。不思議に思いませんか?

スーパーなどに行くとお餅が売り場の一角に積み上げられているようなところもあります。もしスーパーで積み上げている店舗はあったらそこのお店の店長さんは情報に敏感という風にとらえてくださいね。

売れている理由は値上がりしたカップ麺やパンなどの簡便な加工食品から家庭内への調理を伴う商品に関心が移っているんですね。手作り志向と節約志向の2つの人間の心理があって売れているんです。

お餅(切り餅)は1キログラム入って安いところで700円前後。普通だと900円ぐらいでしょうか?1個当たりの値段で換算すると30円~45円程度で麺やパンに比べて割安だと感じる人が増えています。1個食べると十分なカロリーが取れて、手軽な朝食にも人気なんです。以前ブログでも書いた餅でワッフルを作る機械「モッフルメーカー」が売れているところにも通じるものがありますね。

それでは今日もお正月前に餅が食べることができることに感謝して生きていきましょう。それではまた明日!

明日は東京へお金の勉強会のセミナーを受けに行ってきます。後日ブログにて書こうと思いますので楽しみにしていてくださいね。

[切り餅・角餅] 袋入10枚セット [切り餅・角餅] 袋入10枚セット

販売元:栗きんとんと和スイーツの新杵堂
楽天市場で詳細を確認する

↓ ↓ へえ~そうなんだ。今は餅が売れているのかあ・・・と感想を持った人や私も餅にしてみるか?と思った方はぜひぜひ下記のボタンを押して応援していただけると嬉しいです。皆様の応援に日々感謝しております。ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5秒にこだわるとモノが売れてしまう

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントのノブリンです。

今日も目覚めることが出来て幸せです。ありがとうございます。鳥の鳴き声って素晴らしいね。

さてさて、今日はこんなん発想誰でもありそうだけど、商品にしたらめっちゃ売れている玩具を紹介しようかな。

この玩具を作ったのは「むげんプチプチ」や「むげんエダマメ」などプチプチするものを見ると無性に押したくなる・・・その願望をかなえるために作ったおもちゃに次いで、バンダイがまたもや人間の本能に訴えるおもちゃを作ったんです。

その名も・・・「5秒スタジアム」です。

人間誰しもストップウォッチで5秒ピッタリで止めるということを遊びでやったことは多いと思いますが、これを真面目に考えて商品にしてしまったのがこの「5秒スタジアム」です。

遊び方のモードは3種類あって、ピッタリ5秒で止めるための試合モードがあります。これは「5秒ジャスト」「イケテル~」「ズレすぎだ」「帰れ」のコメントも出る面白いモードです。

想わず何度もチャレンジしてしまうやみつき感と5秒ちょうどを達成してしまった時の爽快感に人間はハマってしまうんですね。。。本能を刺激した素晴らしいゲームですね。

5秒スタジアム ブラックレッド 5秒スタジアム ブラックレッド
販売元:mimiy
mimiyで詳細を確認する

↓ ↓ へええ。知らなかった。思わず998円ぐらいだから買ってみるか!?って少しでも想ってしまった方は応援のクリックをぜひぜひよろしくお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

日本で最も古い存在するビールって何?

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントのノブリンです。

昨日は東京で会議がありましたが、人の購買の動きが周りの環境によって変化が起きていることに改めて確認をした1日でした。

ガソリン・灯油の高騰は言うに及ばず、いよいよビール会社で唯一値上げをしていなかったサントリーも9月からビールの値上げを開始しますし、来月からは小麦の値上げでパンやうどん関係がまたもや値上げになり、消費者の人の生活防衛意識がより高まっています。

お酒を飲む機会もガソリンの高騰の影響があり、外で飲むのではなく、自宅で飲む傾向が増えているのも消費者の人の大きな動きの変化です。

そのような中で、来週の火曜日からコンビニエンスストア限定で日本で存在するビールとしては最も古い缶ビールがお店に並びます。日本でいちばん古いビールってなんだかご存知ですか?瓶ビールは今、すでに業務用として売られていますが、これをコンビニ限定の飲みやすさを意識して缶ビールで出すんですね。

ビールの名前は・・・「サッポロ ラガービール」。1877年に商品化されたブランドで、131年もの古い歴史を持つビールなんですね。これはこれから売れる商品として先に伝えておきますね。今まで飲んだことがない人も飲食店じゃないと飲めなかったビールなので、知らなかっただけだと思います。

131年の歴史を味わいながら自宅でのんびりと一杯飲んでくつろぐ・・・そんな想像をしながら来週の火曜日を楽しみに待っていてくださいね。

サッポロ・ラガービール 500ml サッポロ・ラガービール 500ml

販売元:ベルギービールJapan
楽天市場で詳細を確認する

↓ ↓ 飲んでみたい!買ってみるよ!という人はぜひ下記のボタンのクリックをよろしくお願いします。皆様の応援に感謝しております。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガルボチップスが売れているワケ

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントのノブリンです。

今日は今売れている話題のお菓子「ガルボチップス」について話をしようかな。今年も秋口になるとポッキーやチョコレートなどの新作のお菓子が大量に出てきます。その中でも先週出てきたこの「ガルボチップス」が売れている理由は何でしょうか?

1つ目に・・・秋口は嗜好が変化してきて味の濃いお菓子が食べたくなるんですね。チョコレートが売れるのは年間でバレンタインデーがある2月を除くと9月、10月というところが次に売れる月になります。

2つ目に今回の「ガルボチップス」はガルボというチョコレートとチップスを組み合わせたお菓子なんですね。ザクザク言うといところから見てもチョコレートなんだけど不思議な食感というのがうけて売れています。

3つ目に広末涼子出演のTVCMが面白くて売れているというのがあります。15秒と30秒編がありますが、コミカルな受け答えが面白いCMです。ぜひ見てみてくださいね。ここで裏話ですが・・・実は広末涼子は12年前に「ガルボ」のチョコレートのTVCMに出ていたことがあるんですね。

↓ ↓ 皆様の応援に感謝しています。食べてみたいと思ったらぜひぜひクリックしてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人生初の母親への感謝の手紙

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントのノブリンです。

今日は朝の4時に起きて、東京駅始発の新幹線に乗り、そのまま直接仕事場に向かったため更新が遅れてしまい、すいませんでした。でも、毎日1通は記事を書くという習慣がついているので、きちんと今日も書きますよ。

今日はいつもの記事とは少し違った内容になります。

実は・・・今日9月1日は私がこの世に生を受けた日なんですね。32回目になります。早いものです。今まで私は自分の誕生日は自分をお祝いするものだと思って生きてきましたが、ある時にそうではないということに気付かされ、産んでくれた母親に感謝する日であると思うように考えが大きく変わりました。

人生32年目にして初めて母親に感謝の手紙を書きました。昨日の酸素カフェの中で書きました。今日おそらく読んでいるはずだと思いますが、かなり普段の言葉では言えないようなことを手紙にして書きました。

感情を込めながら書くと涙が出てきますね。。。今まで自分は母親に対しては親不孝な息子だったと思います。32歳にして初めて気づくのも何なんですが、これは人からプレゼントしてもらった絵本がきっかけだったんですね。

絵本のような本は私は子供のころからあまり読まない子供でした。もちろん大人になってもそれほど読むことはなかったのですが、この絵本で考えが大きく変わりました。皆様一番身近な大事な両親に感謝していますか?特に産んでくれた母親に感謝していますか?

親を大事にしない、そんな人間は成幸しないと思ってます。人は自分の身近にいる人よりも赤の他人を大切にしてしまう傾向のある生き物なんですね。

自分の誕生日はぜひ、自分のお祝いをするのではなくて、母親に感謝を伝える日にすると素敵な1日になると思いますよ。

それでは親が生きていることに感謝しながら生きていきましょう。親孝行できるのですから・・・それではまた明日!

↓ ↓ 応援のクリックをよろしくお願いいたします。皆様の応援に感謝しております。

ブログランキング・にほんブログ村へ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »