« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(揚げ物編)

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

ここのところブログの更新が全くできておらず申し訳ありませんでした。新店舗が11月28日にオープンしたこともあり、非常にバタバタしていて寝る時間がほとんどなかったというのが理由であります。

毎週金曜日はフライデー(揚げ物のフライにかけている)ということで、全店舗で揚げ物が10%引きというセールを行っていました。

手紙風に手書きにすると人は非常に見てくれます。ガラスに貼った単品の値下げPOPを作り、今回から黒だけではなく、朱色の筆ペンも使用することにしたのです。

お客様の反応は素晴らしかったです。目に入る人、入る人、注文をしてくれました。

★売り場のポイント

①本日限りであることをアピールして限定性を出す。

②下記のように元の値段と値下げ後の値段をきちんと書く。

③ボリュームある仕込みと手紙風POPを書く。

これを書いて徹底的にお勧めを行ったところ・・・通常平均揚げ物が売れるお店は平均2万円ぐらいなのですが、ここのお店は初日で84100円という、平均の4倍以上もの販売をあげることができました。

これは東北の中で第1位の販売金額という結果を残すことができました。

これが手紙風POPの威力です。新店だから売れたのではなく、工夫です。

↓ ↓ 皆様の応援のクリックをよろしくお願いします。ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Banner2

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(バタースコッチ②編)

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

本日はパンのセールの後も売れている「バタースコッチ」という商品のさらなる工夫版をお知らせします。

季節的に最低気温が0度を下回る日も出てきており、おにぎりやパンやサンドイッチなんかを電子レンジでチンして食べると美味しい商品が人気になります。

ただ、お客様はこの商品をチンして食べると美味しいよということを教えてあげるとよりその商品をチンして食べてみたくなるのです。

メロンパンもチンして食べると香りがふわ〰♪っとして美味しいのです。

簡単な言葉かもしれませんが、「チンしてバカうま」これだけで色々な温める商品が売れるようになります。

このPOPをプラスしてつけてからさらに売れて1日平均4個平均のパンが10個近くまで売れています。

↓ ↓ 応援のクリックをよろしくお願いいたします。皆様の応援に感謝しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Banner2

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (1)

お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(パン20円引きセール編検証)

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

本日は、先日まで行われていた「パン20円引きセール」で最も売ったお店の売り場展開をご紹介します。

通常このお店のパンの販売数は私が担当しているお店で上から3番目ですが、単日だけでみると一番売っている日もあり、伸長率としては平均が1.4倍前後の中2倍近く伸ばすことができたお店です。

何がここまで伸ばすことができた要因だったか?というとここのお店だけほかのお店ではやっていなかったことをやりました。

それはお客様への事前告知です。手紙風POPを垂れ幕風にしてセールが始まる4日前から伝えたのです。

セールが始まっていませんが事前に告知されて目にしてしまったお客さまはこの5日間しかない、買いに来るならこの間・・・という意識を持ってもらったことがほかのお店との一番の違いでした。

そして、お店が独自に手書きPOPのすごさを理解して、すべてのパンにPOPを付けたことで、売れに売れて昨年の2倍ものパンを売ってしまったのです。

お店で何かイベントやセールをやるときには見てもらうための事前告知が必要だということです。

↓ ↓ 皆様の応援のクリックに感謝しております。いつもありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Banner2

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(生パスタ検証編)

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

本日は先週取り組んだ「生パスタ」の検証結果についての記事を作成します。データの確認もあり、本日は記事作成が遅くなりました。

検証の方法は様々ありますが、生パスタだけの販売数を競って検証しても意味がありません。生パスタを拡販したことで、「スパゲティ・パスタ」という大きな分類が販売アップにつながったのか?ということが大事です。

例をあげると、モスバーガーで低価格のハンバーガを出したときに単品では売れていてもハンバーガー全体で見たら売上がマイナスであった・・・というのではむしろマイナスです。

今回はこの生パスタという商品をきっかけに全体がどのように変化したのか?について報告します。

地区のパスタの1日平均の売上は6300円で、伸長率は125.2%でした。私が担当しているお店で、この手紙風POPをしっかりつけたお店はどのような数字になったか?というと・・・

A店 1日の平均売上 7600円 伸長率 165%

B店 1日の平均売上 9100円 伸長率 152.1%

C店 1日の平均売上 6800円 伸長率 148.6%

D店 1日の平均売上 7300円 伸長率 152.8%

金額も伸長率も平均的な数字を超えることができています。ポイントはボリュームのある発注、陳列、そして手紙風POPの3点が揃うことで販売を変えることができます。

B店のお店に関しては先週の木曜日から開始したので、実際には4日間だけの販売でここまで数字を上げることができています。週初めから行っていればもっともっと売れていたことになります。

生パスタの販売は非常に良い結果をもたらすことができました。営業マン10人の中で売上平均7番目の担当店舗で2番目の結果を出すことができました。

↓ ↓ 皆様の応援のクリックに感謝しております。いつも応援ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Banner2

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペンだけで30日後に行列をつくるすごい裏ワザの著書「山岸二郎」さんと対談

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

昨日は早朝から東京都の神楽坂にある平秀信社長が会社経営をされている「インプロビック東京」に向かいました。

< インプロビック東京 >

http://www.improbic.com/home/company/index.html

待ち合わせ時間が13時からであったために、会社に向かう途中に神楽坂の大人気蕎麦屋の「蕎楽亭」にてざる蕎麦とけんちん汁に舌鼓。

< 蕎楽亭(きょうらくてい) >

http://r.tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13000479/

長蛇の列が出来ていましたが、寒さにめげずに並んできました。量を求める人には物足りないですが、味を求める人には満足できるお店です。

本日13時から待ち合わせをしていたのは、ペンだけで売上を上げるマーケッター。株式会社満席エージェント代表取締役の山岸二郎さん。

< 山岸二郎 >

http://www.mansekiagent.co.jp/

山岸さんのプロフィールは1967年千葉県生まれ 大学卒業後、サラリーマンを経て、1998年父親が経営していた赤字飲食店の経営者となる。言葉の力を武器に短期間で、来店者数・売上ともに引き継いだ時点の3倍にした。

2004年に中小規模飲食店に特化したコンサルティング事業を手掛ける会社を設立。「満席プロジェクト」を主宰。ペンだけで飲食店業界に革命を起こすことをミッションとしている。

具体的には、飲食店を「待ち型」の商売から「攻め型」の商売に、ペンだけで変革させることを目指し、効果が実証済みのマーケティングノウハウを提供することで、経営資源量の少ない中小規模飲食店の集客を支援している。06年、飲食業界に留まらず、中小企業の集客を支援する事業を開始。

主な著書としては、「ペンだけで30日後に行列を作るすごい裏ワザ」や「なぜルパン三世は泥棒なのにヒーローなのか?」がある。

< ペンだけで30日後に行列を作るすごい裏ワザ >

http://www.ccpt.co.jp/manseki.html

< なぜルパン三世は泥棒なのにヒーローなのか? >

http://www.7andy.jp/books/detail/-/accd/32133863

↓ ↓ 下記の写真が著者の山岸二郎さんと「インプロビック」社内で撮影させていただいた写真になります。この写真撮影の前に山岸さんとの対談をさせて頂きました。かなりここでしか聞けない濃い話をすることができました。

この話は後ほどDVDにして販売をしていくことで様々な人のお役にたてると思っています。これから編集をする予定ですが、このブログを読んでいてどうしても欲しいという人はコメントください。

私はコンビニ店舗向けにまずは筆ペンと紙だけで売上をあげていくことができるマーケッターとして日々現場で実践をしていきたいと思います。

↓ ↓ 皆様の応援のクリックに感謝しております。いつもありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Banner2

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(パン20円引きセール編)

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

本日は記事の更新が遅くなりまして大変申し訳ありません。本日は早朝から東京へ向かい、ペンだけで30日後に行列を作るマーケッター「山岸二郎」さんと対談をしていました。

同じ、ペンだけで売上を劇的に変えているもの同志・・・(といっても私は本当に最近からではありますが)貴重な映像を撮ることが出来ました。編集していずれは販売したいと思っております。

本日は昨日から開始したパンの20円引きセール初日の販売結果をご報告したいと思います。

私の営業をしている地域では同じ仲間が私を含めて10人います。担当しているお店はそれぞれ違うので、売上も大きく違います。

私が担当しているお店の売上の平均は営業マン10人中、7番目だということを前提として理解して頂きながら読み進めてください。

パンには3分類あり、朝方に食べやすいクロワッサンなどがメインの「食卓パン」

メロンパンやあんぱんなどの「菓子パン」 コロッケパンやカレーパンなどの「惣菜パン」

この3つの分類でそれぞれどういう結果を出すことができたのでしょうか?

★販売結果

①食卓パン

担当店平均の販売個数は44個(10人中で1位)平均販売個数は33.3個。

担当店平均の伸長率は301.7%(10人中で1位。唯一の300%以上突破。)平均伸長率は215.3%。

これは昨日お話した「バタースコッチ」がこの分類に入る商品だから圧倒的な差別化ができています。

②菓子パン

担当店平均の販売個数は140.5個(10人中で3位)平均販売個数は136.3個。

担当店平均の伸長率は158.5%(10人中2位)平均伸長率は136.8%。

③惣菜パン

担当店平均の販売個数は92.8個(10人中で4位)平均販売個数は84.1個。

担当店平均の伸長率は121.9%(10人中5位)平均伸長率は116.7%。

あれもこれもというわけにはいかないので、すべての分類で1位になることはできていませんが、狙ったところは1位を販売数、伸長率ともに達成することができています。

今回は全店舗で出来ているわけではありません。2/3のお店でしかできていない中での数字なので、全店舗で出来ればかなりの伸びになっていると思います。

↓ ↓ 皆様の応援のクリックに感謝しております。いつもありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Banner2

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(バタースコッチ編)

おはようござます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

本日は電子レンジでチンするとおいしい匂いがただようバタースコッチのパンの売り場展開を行った事例を紹介します。

★仮説

①このパンは電子レンジでチン!!するとバターの匂いが「フワ〰っ」と立ち込めておいしい匂いを発します。これをアピールすることで売れるのではないか?

②このパンは見た目はちぎれませんが、実はちぎって食べることができるので、女性のお客様にも食べやすいのではないか?

★売り場展開

①最上段にボリュームをもった20個以上の陳列を行う。

②手紙風POPを「におい」を知りたくてしようがなくなるように書く。

この売り場展開にしたところ、この商品は昔からある既存のパンでしたが、1日当たりの平均販売数は4個程度のものでした。(売上に関わらずだいたいどこのお店もこんな数です)

それがこの売り場に変えた今週火曜日になんと18個もの販売をあげることができました。

                 実に・・・      450%の    伸長です!!

つまり・・・今ある既存の商品であっても売ることはできるということです。新商品でなくてもお客様の目に留まれば買ってくれるんですね。

↓ ↓ 皆様の応援のクリックをよろしくお願いいたします。皆様の応援に感謝しております。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Banner2

人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(生パスタ販売編)

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

本日は昨日売り場作成をした「生パスタ」のその後の販売動向と担当しているお店のオーナーさんにうれしい変化がありましたことをお伝えします。

まず、生パスタの販売動向ですが、今回は新商品として2アイテム出ました。

①海老とアスパラのトマトクリーム生パスタ

②ベーコンの濃厚カルボナーラ生パスタ

海老を10個カルボナーラを8個発注したところ、海老が7個、カルボナーラが6個販売になりました。平均の販売はそれぞれ3個なので・・・

2倍以上のパスタの売り上げをあげることが出来ました。

このお店の平均売上は12万円程度他のお店と比べて低いのですが、倍以上の販売を上げることが出来ました。

そうすると・・・このお店のオーナーさんに嬉しい行動の変化が起きたのです。

本日からパンとサンドイッチ全品20円引きセールを5日間行うのですが、その各単品の商品のPOPをマジックを使って手書きで作成していたのです。

筆ペンではないので、私が作成したわけではありません。あまりにも売れるし、廃棄が減るしでオーナーさんがこの手法の威力を認めてくれ、私が何も言わないでもやってほしいと思っていたことを自主的にやってくれるようになったのです。

これはこのセールの成功は間違いないでしょう。オーナーさん自身がPOPを作成したのであれば、売上や販売数が気になってちゃんと毎日確認するようになると思うので・・・

↓ ↓ 皆様の応援のクリックをよろしくお願いいたします。「ポチっ」とご協力ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Banner2

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(生パスタ編)

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

本日は昨日から販売開始になった「生パスタ」商品の売れる売り場づくりを昨日行いましたので、それについてお伝えします。

★仮説

なぜ、生パスタを積極的に売っていこうと思ったのか?

①統計学的に日本国民全体の年間のパスタの消費量は10年前と比較しても毎年のように伸長しており、伸びているカテゴリーであるため。

②伸びているパスタの中でも特にここ2、3年で最もお店の数が増えてきているのが「生パスタ」専門店。人気があるパスタである。

③乾麺のパスタと違い、モチモチしているパスタであり、きちんとその価値をお客様に提供していくことで売れるのではないか?

★売場作成のポイント

①生パスタ2種類出ているので2段展開を実施。フェイス(商品陳列の数)をそれぞれ4フェイスづつとり、目立つ売り場にする。

②オーナーさんがパスタ好きということもあり、オーナーさんの署名を入れて手書きのPOPを作成する。こうすることによって、お客様から愛着がわいてくる。

上記のように売り場作成を行いました。販売数はまだ、データとして出ていないので、後日お知らせします。オーナーさんの署名入り手紙風POPの効果はいかに!?

↓ ↓ 応援のクリックをよろしくお願いいたします。皆様の応援に感謝しております。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Banner2

人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(ドルチェグスト編)

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

本日は、コンビニで限定先行販売をしている「ドルチェグスト」14800円も店内で、手紙風POPを書くことで売ることができるのではないか?と考えて、昨日から実行した売場写真になります。

このドルチェグストは他にも「イトーヨーカドー」や「ヨークベニマル」でも販売をしています。このコーヒーマシン・・・何が他のコーヒーマシンと差別化・区分化・専門化されているかというと・・・

①ミルクを抽出することができる機械である。(ほかのコーヒーマシンではそれが出来ない)

②本体価格が14800円と安い値段である。(ほかのコーヒーマシンは最低でも19800円。同じネスレが出しているネスプレッソは40000円もする)

③掃除の手間がほとんどかからない。(普通のコーヒーマシンは手入れがかなり大変)

④水からお湯まであっという間になり作り置きをしなくてもお湯を沸かす必要もなく手軽にコーヒーを作ることができる

⑤コーヒーはカプセルで飲むことができ、ブラックコーヒーは1杯50円。ミルク入りコーヒーは1杯100円で飲むことが出来る。(缶コーヒーよりも安い)

⑥味が美味しい。(試飲して飲んでくれている人はほとんどが美味しいと言う)

↓ ↓ そして、このお店は東北地区で一番ドルチェグストの予約を頂いている素晴らしい店舗です。オーナーさんが本気で動いていることもあり、店内でもこの

                       言葉の力

を使って売れないものか?と考えて、垂れ幕をつけたところ、つけようとしているその時から女性のお客様が一人目をとめてくれて、「何これ?」と反応してくれたのです。まだ、買うまでには至っていないですが、かなりの反応が出て、文章を読んでくれる人が増えてきています。

店内で・・・言葉の力で売れることを期待しております。

↓ ↓ 皆様の応援のクリックをよろしくお願いいたします。下記のボタンを「ポチっ」とお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Banner2

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(栄養ドリンク編)

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

本日は2週前から仕掛けている「栄養ドリンク」の売場についての売上がアップしたお話について書きます。

コンビニでは常に毎日売れる栄養ドリンクというものはTOP売筋の「リポビタンD」ぐらいしかありません。それ以外は売れる日もあれば売れない日もあるというのが商品の普通の動きなのです。

ところが。。。この写真にあるように利益率が高いということもあり、アリナミン7やアリナミンVをお店としてお客様におススメしていきたかったんです。

それならば・・・ということで、下記のように

               「飲む  点滴」

という手紙風POPを筆ペンで書いたその日から・・・

今まで1本も売れていなかった栄養ドリンクが毎日1本づつ売れるようになり、2本売れる日もあれば3本売れる日もでてくるようになり・・・

2週前までは1週間で3本しか売れていなかった栄養ドリンクがこれをつけてから1週間で最低でも12本ぐらい売れるようになってきたのです。

               実にその数・・・  400%

これは凄いです。今、私自身、師匠の中山マコトさんにいろいろ相談してやっているところですが、全ての取り組みがうまくいっています。外れた個所がないのです。

ぜひこの中山マコトさんの最新刊を読んでみてください。

劇的に人生が私自身変わり始めようとしているのを感じています。

< 中山マコト >

http://www.kikidasu.jp/mark/

< バカウケキャッチフレーズで仕事は10倍うまくいく >

「バカウケ」キャッチフレーズで、仕事が10倍うまくいく (Dream skill club) Book 「バカウケ」キャッチフレーズで、仕事が10倍うまくいく (Dream skill club)

著者:中山 マコト
販売元:学習研究社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↓ ↓ 皆様の応援のクリックをよろしくお願いいたします。皆様の応援に感謝しております。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Banner2

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(なんちゃってオレンジ拡大編)

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

今週色々な仕掛けた商品が売れている話を毎日書いてきましたが、本日はその中でも非常に効果が出ており、毎日の利益貢献度1位にまでなってしまっている「なんちゃってオレンジ」の他のお店への拡大状況を報告します。

コンビニエンスストアでは一番売上が高いのは土曜日になります。通常の平日だと来ない家族連れなどのお客様が増えるので、最も売れる曜日になるのです。

担当している6店舗のうち、この手紙風POPをつけたお店だけ数字が変わっています。どのように変化しているかというと・・・

★つけているお店の昨日の販売数

A店 初日1本 ⇒ 16本

B店 初日13本 ⇒ 58本

C店 初日29本 ⇒ 32本

D店 初日15本 ⇒ 33本

★つけていないお店の昨日の販売数

E店 初日17本 ⇒ 14本

F店 初日5本 ⇒ 5本

★地区の平均販売数と私の担当店の平均販売数

地区 初日8.4本 ⇒ 11.6本

担当店平均 初日 13.3本 ⇒ 26.3本

なんと2.27倍も平均の販売数よりも売ってしまってます。

きちんと手紙風POPをつけたお店だけに限れば平均34.8本。

なんと平均のちょうど3倍もの売れ行きになっているのです・・・

これは凄い数字が出ています。素直にやってみると具体的に数字としてこれだけ変わるのです。ほとんどのお店で利益貢献度1位になっています。

↓ ↓ 皆様の応援のクリックに感謝しております。応援ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Banner2

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(ふんわり名人編)

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

本日は、今週新しく発売になりました「ふんわり名人 みたらし団子味」の売上をアップさせた方法をお伝えします。

この「ふんわり名人シリーズ」は小袋タイプがコンビニでは主に売れており、写真のような大サイズはあまりコンビニ向きではなく、スーパー向きと言われていたのです。

しかし、展開次第で売れると私は下記のような仮説を考えました。

★仮説

①この「ふんわり名人」とは米菓であり、堅いせんべいが食べたくても食べることが出来ない人に知ってもらうことで食べてもらうこともできる。きちんと伝えれば売れるのではないか?

②このふんわりする技術を持っているメーカーは世の中で「越後製菓」のみ。他のメーカーとは圧倒的に差別化・区分化・専門化されており、この「フワフワ」したお菓子をメッセージを通して伝えることで売れるのではないか?

③コンビニエンスストア限定商品ということもあり、売れるのではないか?

このように仮説を考え、下記のような売場作成をいたしました。

★売場作成のポイント

①最上段で1段フェイスを多く取って展開する。

②従業員さんに手書きのPOPを作成してもらう。

③私が書いた手紙風POP(キャッチコピーもお客さんが買いたくなるように途中で文章を止めています)をつける。

★販売結果

このような商品は通常価格288円もするので、1日平均で1個も売れません。地区の平均販売数は0.2個とかです。つまり70店舗あって70個地区で売れれば平均販売数は1個になるわけです。それが0.2個なので70店舗合計しても14個しか売れていないという数字なのです。

ところが、このお店、初日3個、2日目4個とかなりの数を売っています。この1商品で1000円以上1日で稼ぐことは奇跡的に近い数字なのです。

お客様が目をとめて買ってくれます。本当にお客様に伝えたい価値のある商品を売っていくようにしましょう。

↓ ↓ 皆様の応援のクリックをよろしくお願いします。皆様の応援に感謝しております。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Banner2

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(プリンのパン編)

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

昨日お伝えした「なんちゃってオレンジ」のドリンクは私が書いた手書きのPOPをつけたお店では軒並み20本を超える販売数をたたき出してきました。現在2/3以上のお店で実施しています。

平均の販売数が地区で8本に対して私の担当店舗の平均販売数は倍近くの15本となっています。

本日はこれもまた、手書きの手紙風のメッセージをお客様に伝えたことで担当店舗で通常1日平均10個しかパンが売れないお店が24個を売り上げた売場になります。

★仮説

①プリンのパンという商品は以前発売された時に非常に売れた人気のパンの復活版である。価値を伝えることで今のお客様にも売れるのではないか?

②プリンのパンというネーミングからどんなパンなのか?気になるパンとして興味を持ってもらえるのではないか?

③他のパン屋でも売っていない個性的なパンであり、売れるのではないか?

★売場のポイント

①発注量をボリュームも持って発注する。(このときの発注量は普段12,3個の倍以上の25個の発注を行った)

②目線の最上段に陳列する。

③フェイスを広げる。(今回は5フェイス)

④手紙風のお客様の目に留まる手書きのPOPをつける。

★販売結果

地区平均で初日19個の販売のところ、ここのお店は通常地区の平均販売数もいかないのですが、25個発注の24個販売。翌日には品切れを起こしてしまいました。

この手書きのPOPをつけてからその売場でお客様が立ち止まって読んでくれることが非常に多くなってきています。筆ペン1本で売上が劇的に変わるのって楽しいですね。ぜひ、コンビニに限らず店舗を構えて商売している方は、実施してみてください。

↓ ↓ 皆様の応援のクリックよろしくお願いします。ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Banner2

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(なんちゃってオレンジ編)

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

今週は面白い商品がチェリオから発売されました。その名も「なんちゃってオレンジ」という一見醤油!?に見えるオレンジジュースなのです。色も醤油に同じような黒っぽい色をカラメル色素というものを使用することで出すことが出来ています。

★仮説

①このような珍しい商品は売り場に並べただけでインパクトがある。きちんとお客様に伝えることで売れるのではないか?

②ただ並べて置いていてもわからない人はただの醤油が並んでいると思われてしまう。きちんとオレンジジュースであることを伝えれば売れるのではないか?

★売場状況

①目線で1段展開、フェイスをきちんと拡大することでお客様に目をとめてもらう。

②ただ1段展開するだけではなく、手書きのPOPを作成することでより目をとめてもらう。

★販売状況

火曜日から売場に並べて売っていますが、私が担当した地区で売上75店舗中、60番目ぐらいのお店で初日29本と地区1位の販売数を叩き出すことが出来ています。

★ポイント

手書きのPOPはお客様への手紙です。本部から来ている無機質なPOPや奇麗なパソコンで作成したPOPを作ってもお客様は広告としか見ていないので、見てくれていません。最近それに気づき、本部からのPOPやパソコンで作成するPOPは捨てて、独自の方法ですすめることにしたところ全ての売場で劇的に数字が変化しています。

年賀状と同じように見てみてください。手書きのものは読むが、パソコンで作成したものは何か心が入っていないような気がしませんか?

仕事の仕方を今までと変えたところ大きな変化が出ています。ぜひ、そのまま真似して実践してみてください。

↓ ↓ 皆様の応援のクリックを「ポチっ」とよろしくお願いします。ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Banner2

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(先週の検証)

おはようございます。朝4時起きのコンビい経営コンサルタントの島村信仁です。

先週、実際のお店の現場で取り組みを行った1週間の結果をお知らせします。

①超大盛パスタ

⇒ これに関しては、明太子スパゲティが地区75店舗ある中で上から10番目。ナポリタンスパゲティに関しては上から2番目で廃棄が0個という結果でした。

このお店は売上で言うと75店舗中60番目ぐらいのお店です。そんなお店でもやり方を工夫すると売れることの証にすることが出来ました。その後も日々売れ続けております。

②不思議な食感miaチョコレート

⇒ これに関しては、4種類チョコレートが同時に売場に並んで、4アイテムとも上位3番以内に入りました。1アイテムは1位の販売数を上げることが出来ました。

③焼きチョコベイクチョコレート

⇒これに関しては、地区で7番目という結果でした。POPの場所も途中で変更してしまったこともあり、わかりにくかったのも一つの原因でした。 

先週取り組んだ商品に関しては上記のような結果を残すことが出来ています。今週も引き続き、様々なところで紙とペンだけで売上をあげていける事例を紹介します。

↓ ↓ 応援のクリックをよろしくお願いいたします。皆様の「ポチっ」に感謝しております。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Banner2

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土器の野焼初体験。ドキドキ。

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

本日は日曜日の休日に行った野焼の件について書きます。売れる売り場の写真付きブログは明日から再開します。

今年の6月下旬に作成していた、土器を実際に野焼きすることを日曜日にしました。野焼と言っても焼きやすい条件が整わないと来年の春に実施の予定でしたので、うまく条件が整って欲しかったのですが、風も穏やかだし、雨が降って地面が濡れていたわけでもなく、最高の条件で野焼が出来ました。

下記の写真は火をつけて2時間ほど経過した時に一気に木材を投入して800度以上の熱さで強く焼いている写真です。

火柱がかなり高く上がっているのがわかるかと思います。1メートル近くですら熱く感じる温度になります。

この強火での焼を待っていると自然に火が弱くなってきます。そうすると、土器が当初は茶色で、弱火で焼いているときはすすが付いて黒くなっていた土器が赤くなるのです。この赤さは焼き終わってから置いておくとさらに赤くなるのです。

今回の日曜日は非常にいい初体験の野焼を行うことが出来ました。いろいろ行ってみると自分自身の経験の幅が増えますね。ネタが増えて人に話すことも増えるので、良いことだらけだと感じています。

↓ ↓ 皆様の応援のクリックをよろしくお願いします。応援ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Banner2

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わくわく伝染ツアー2008はステーション(駅)

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

今日のブログ2本は、お店での売れる売り場を少し離れて、先週末に足運びをしてきたことについて話をします。

先週末は素晴らしい週末を過ごすことが出来ました。まずは、土曜日に品川で行われた「わくわく伝染ツアー2008」の超体感セミナーに2年連続で参加してきました。

このセミナーは年に1回しか行われない超イベント企画であり、今年で5年目を迎える企画であります。昨年から初参加して、和田さんの身振り手振りのものすごく熱いお話が聞けるのもあれば、ほろりと涙が出る喜怒哀楽の人間の素直さが出せるセミナーなのです。

今年の内容は・・・来年の2009年1月に東京で開催されるので、詳しい中身は書くことが出来ません。和田さんからもそのように言われています。

様々な気づきを得て、自分自身こうやっていこうこうしようという決心がかなり自分自身の中から出てきました。

自分自身が成功するかどうかではなくて、まずやってみよう・・・と思ったことは、

①花を褒めるのではなく、根を褒める。花でも人でも目に見えていないことのほうが大事なんですよね。その人の表面だけではなく、本当にどのような根なのか?を意識して見ていくようにする。

②自分自身の根を成長させ、迷った時は自分自身の根に聞く。自分自身の根っこを信じて絶対に大丈夫!という気持ちでまず動いてから考えるようにする。

③目の前の人を幸せにする。特に愛している、大好きな人はより幸せにする。

④嘘をついたり人をだましたりしない潔い毎日を生きる。

⑤相手の反応がどうであれ、自分自身から挨拶して、空気を作る人になる。上司が特にそういう反応の良くない人なので、相手の反応云々ではなく、まずは動いてみる

⑥もらった今あることに感謝して生きる。「ありがとう」をよく使うようにする。

⑦日々の目の前の仕事を全力で取り組み、桃太郎のお婆さんのように毎日川に行き、大きな桃が流れてくることを信じてやり続ける。

和田さんから60個の質問シートをもらいました。自分自身を見つめなおす意味でも非常に有効なシートだと思っています。まずは時間を見つけて少しづつでも進めよう・・・と思っています。

今回のセミナーの参加チケットは鈍行の旅のような駅の切符をイメージしたものでした。成功するまでの過程を楽しもう。そうするだけで、そのことの半分はすでにわくわくしながらやっていることになる。

飛行機のように一気に近道!!ではなくて、少しづつでも目標に向かって進んでいる。そんな人生にしていこうと決心した土曜日でありました。

↓ ↓ わくわくできたあ!!という人はポチっとクリックをよろしくお願いします。感謝であります。ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Banner2

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(ベイクショコラ編)

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

本日は、東京に向かい、和田裕美さんが年に1回しか行わない超スペシャルビッグイベント!!

わくわく伝染ツアー2008 に参加してきます。昨年に続き、2年連続の参加です。非常に楽しみです。

昨日は不思議な食感のチョコを3.3倍売った方法と同時に、焼きチョコである「ベイクショコラ」の売上を2.5倍にした売り場を紹介します。

★仮説

①このチョコは通常のチョコレートとは違い、焼きチョコである。電子レンジでチンしても溶けないというのが他のチョコとは明らかに区別されている強みなので、そこをアピールすれば売れるのではないか?

②コンビニでは小さなサイズのお菓子の方が60%もの人が購入するので、売りやすいのではないか?

★売場展開

下記の写真のように手書きで、「え?これなに?」と気になるPOPをつけました。

★販売結果

1日に平均して1個も売れないチョコレートがこのお店は最低でも2個以上は常に売れるように日々販売が立ってきています。

このPOP2種同時に展開しているので、目をとめて見てくれる人が多いですね。

↓ ↓ 皆様のポチの応援のクリックに感謝しております。日々ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Banner2

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(森永mia編)

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

昨日は超大盛パスタの売れる売り場をご紹介しましたが、昨日もその超大盛パスタは引き続き売れております。

本日は不思議な食感のチョコmiaを平均販売数の3.3倍売った売場をご紹介いたします。まず、このmiaがなぜ売れるのか?という仮説を立てたかというと・・・

★仮説

①コンビニでは大きなチョコレートの需要は少なく、小サイズの食べきりサイズのもの全体の売上の60%を占めるまでになっているので、売れるのではないか?

②不思議な食感のチョコレートであることをお客様に手紙風で「ひとりごと」のよなメッセージで伝えることで売れるのではないか?

③地区限定商品と地域が限定されているので、稀少性があり売れるのではないか?

★売場のポイント

①お客様の目に留まりやすいように最上段でフェイス(商品の顔)を広げて陳列

②普通に立てて並べるような陳列ではなく、DVDやCDを並べる時に使う什器を使用することで、目に留まりやすくする

③手書きで「この食感ちょっといいかも・・・」と文章を途中で終えて、興味を持たせる。

★販売結果

4種類同時に出たこともあり、予想外に2種、3種まとめて買っていくお客様が多いのです。不思議な食感ってどんな食感だろう?ということで、目にとまったお客様が早速買っていってくれました。

平均1.2個しか売れていない中で、ここのお店は4個平均で売ることが出来ています。販売初日でいきなりこの結果が出ています。

明日はもう1種類チョコの食感を売りにして売れている商品の売れている売場の写真 ↑ についてブログを書きます。

↓ ↓ 皆様の応援のクリックをよろしくお願いいたします。応援ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Banner2

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(超大盛パスタ編)

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

今週お店に新しく今までにない商品としてコンビニで大盛以上の「超大盛パスタ」が推奨になりました。

売れるであろうという仮説を私は以下のようにたてました。

★仮説

①世の中の動きを見ていると健康系の動きで小食の人もいるが、メガマックやメガ牛丼などが売れていることもあり、超大盛りの商品は人気がある。

②パスタの麺の量は今までの1.5倍もありながら、価格が一番高くても430円と非常に手ごろな値段で買いやすい。

③超大盛の商品の隣に今までの商品を陳列することで見た目に比較することができ、お客様に価値訴求が出来るのではないか?

↓ ↓ 実際に自分自身で作成して撮った売場になります。

★売場のポイント

①パスタ売場で通常2段の棚を売っていく意思を出すために3段に増やす。

②手書きで手紙を意識することでメッセージを読んでもらう。

③大きなパスタなので、既存のパスタと大きさの比較ができるように陳列を行った。

★販売結果

平均で売れている数のナポリタンは2.4倍、明太子スパゲティは2.2倍の販売数をあげることが出来ました。廃棄は0個です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中山マコトさんとの個人面談での気づき

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

日曜日の夕方からは、「キキダスマーケティング」を実践しており、数々の著書をされている中山マコトさんと新宿駅地下のカフェにて個人面談を行いました。

< 中山マコト >

http://www.kikidasu.jp/mark/

私が相談をしに行ったのは自分自身の強みとは何なのか?それをいかして将来的には独立をしたいと考えているのだが、どのように強みを見つけていけばよいのか?

自分自身のことを棚卸してみると「やるぞ!!」と決めたことに関しては出来るまでやる性格だと思っています。ただ、焦点が絞り切れていなかったり、ボケていると力が分散してしまうのは自分自身でもわかっていました。

一つことに集中していかなければいけない・・・そう考えて、以前、コンビニのスーパーバイザーをされ、販促の会社にいて、独立をされたという私が目指している道をすでに実践している「中山マコト」さんに相談をしにいったのであります。

言われたことはシンプルなものであり、非常に頭の中にスーッと入ってきました。

①今、自分自身が働いている仕事を極めて、島村さんが会社を辞めるという時に「辞めないでくれ!」と本気で引きとめられるような社員になるように努力すること。そうでなければ独立をしても仕事が来ない。

②島村さんは恵まれた環境にいる。自分自身がお店を構えているわけではなく、しかも現場にいることができる仕事である。自分がやりたいことを実験的にお店の現場で行うことが出来る

③今までの仕事の延長線にしか自分の強みはない。今までのやってきたことを活かさないで、他のことで極めて独立しようとすると時間がかかる。遠周りになってしまう。

自分自身、今までの仕事の仕方を見直すと、自分自身では言われたことだけを行うような(こなすような)仕事をしているつもりではなかったのですが、自分が会社の指示や上司の指示ではなく、自分自身で考えて売上を上げる行為をコンスタントに継続的に実施出来ていたわけではなかったことに気づきました。

私自身が個人面談をして継続的に行っていこうと決めたことが下記のことになります。

①自分自身のキャッチフレーズを・・・

「紙とペンだけで売上を劇的に変える紙上のセールスマン」

というふうに決めたいと思いました。

②そのためにはそうなるために自分自身を磨いていかなければいけません。現場で自分の好きな「和」の文字を活かした筆ペンで手書きの言葉(メッセージ)コンビニでいうPOPを売っていきたい商品につけ、平均販売数の何倍もの結果を出そう。

③そして、現場で実践したことを実際に毎日書いているブログで写真付きで公開していこう。ブログに書くことを意識することで、現場で何を毎週売っていくか?自分自身で考えて自主的に行動するようになる。

④それを行うことによって自分自身のスキルアップにつながるだけでなく、お店の売上アップにつながる。

このようにして今後のブログは書いていきたいと思います。現場でこのようにしたら平均の何倍売れたという売場の陳列、提案方法、そして販売結果を報告していくことで、他の人のお役にも立てるのではないか・・・そう考えております。

↓ ↓ 皆様の応援のクリックをよろしくお願いいたします。皆様の応援に感謝しております。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Banner2

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あなたの市場価値はどれぐらいか?をはかる方法

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

日曜日は午後にビジネスマン力検定試験を受けに道幸武久さんの運営するインフォプレナーズジャパンに行きました。

ここでは今現在での自分自身のビジネスマンとしての「心」「技」「体」がどれぐらい出来ているのか?について把握するために受けに行きました。

自分自身としてはある程度はいけるかな??と予測していましたが、「心」「体」はまずまずでしたが、「技」がとんでもなく低い結果になってしまいました。

「技」は勉強することですぐによくすることが出来ます。ここが現時点での私の問題点ということで把握することが出来ました。

そして、自分自身の市場価値がどれぐらいあるのか?あなたの稼げる推定年収はいくらなのか?というのを無料で診断できるサイトの情報も仕入れることが出来ました。

< 年収・市場価値診断テスト >

https://type.jp/markettest/input.do

無料で自分自身の推定年収をはかることが出来ます。様々な質問に答えることで、各分野での偏差値というものも出ます。ぜひ試してみてください。

ちなみに!?私の推定年収は・・・781万円、総合判定はAレベルという結果でした。実際に今、もらっている年収よりは多かったですね~♪

↓ ↓ 皆様の応援のクリックに感謝しております。年収情報・自分自身の市場価値が参考になった人はクリックをよろしくお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Banner2

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平秀信 葬式に参加しての学び 2

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

平秀信さんの葬式という名前のセミナーでの学びの続きを書きます。

セールスにおける11の極意というものを学びました。

①不完全でOK! スピード重視

②空気を読むな。 空気を作る

③無理やり食べさせる

④説明するな。空想させろ。

⑤元は必ず取れ!

⑥人に弱みを隠すな

⑦アイデアを10倍にして返す

⑧いきなり直球をぶつける

⑨泳がす。褒める。チャレンジさせる

⑩儲かるから仲良くなれる

⑪TRYする人間は守る

今回の最後のセミナーは知識やノウハウではなく、マインドセット(考え方)のセミナーでした。平さん自身、ビジネスではうまくいったが、家庭がうまくいかず、子供さんからひどいことを言われたお話も最後にしていました。自分自身は驕った気持ちを持ったつもりではいなかったが、周りからはそのように見られていた・・・

謙虚に驕らず、質素に生きるべきであるということを学びました。

やはり私が常に意識している「心・身・物・金」のすべての面で成功した人物になる!ということをイメージして毎日何回も唱えていますが、お金がすべてではなく、健康や家庭がうまくいかなかったら意味がないと私は常々思っています。

奥様とは常に愛し合っている状態でありたいと思っています。自分が成功するのは愛する妻を幸せにするためです。

↓ ↓ 皆様の応援のクリックい感謝しております。応援ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Banner2

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平秀信 葬式に参加しての学び 1

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

週末の土曜日・日曜日は東京に行き、それぞれセミナーや勉強会に参加、また個人コンサルティングを受けていました。

土曜日は朝から晩まで秋葉原はUDXギャラリーにて「平秀信」さん主催による「Millionaire Inheritance Party」に参加していました。億万長者の「平秀信」さんが、来年の1月1日から世界に1人で旅に出ることになっており、久々の間、しばしのお別れになるということもあり、最後のセミナーということでした。

最後の瞬間、本当にあなただけに伝えたい儲けの極意についてのお話をしていました。

=================================

我々は商人である。商人は儲ける義務がある。非常識に儲けていく必要があるのだ。

by 神田昌典

=================================

この言葉は平さんが師匠の神田さんから教わり、名刺に書いていることです。非常識なまでに儲けることを行い、億万長者になったところで、一旦、頭打ちに年収になった時に20歳のMr.Xと出会いました。

Mr.Xと出会って非常識から非道徳なやり方に変えさらなる年収を稼ぐことが出来ました。普通の人には出来ないであろう師匠である神田先生の年収は低い。というメールを送ったのです。かなりのバッシングもありましたが、それを行ったことで、年収をさらに上げることが出来たのです。

成功することが出来ない人の3つのパターンについての学びもありました。

①脇役でよいと思っている人

②行動しない人(気持ち・気力のない人)

③あきらめる人

平さんが他の人よりも違う点は行動力の早さにあると話を聞いていて思いました。何ができるか?とかそういうことではなく、まず動いてみる。動きながら考える。これが一番の違いだなと感じ取りました。

ビジネスでうまくいく秘訣は「相手の気持ちを考えること」です。相手の気持ちをきちんと考えて、相手の言うことに応えていけば儲けることが出来る。これがなかなか出来そうで出来ないだけに常に心に思っていないといけないと感じました。

これ以上書くと長くなるので、まずは学びの1ということで締めます。

↓ ↓ 皆様の応援のクリックに感謝しております。ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Banner2

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1日に取る水分の目安は?

おはよううございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

昨日の新店の進捗状況ですが、大きな変化がありました。

①オーナーさんと直接会って、挨拶をしたこと

②求人募集のチラシの原稿が完成したこと

この2つを進めることが出来ました。求人募集のチラシには最終的な仕上がりまですべて私の方でチェックを行い、ぬかりなく出すことが出来ます。オーナーさんと逢ったことで写真も撮ることができ、非常に良いものが出来上がりました。

このチラシが来週の火曜日・水曜日に入ることになります。そして、金曜日・土曜日と面接を行うことになります。求人の人が来にくい時期だけに多くの募集があることを期待したいところです。

================================

昨日までは脳の回転を速くする食べ物の「水分」「糖分」についてお話をしてきました。今日は「水分」に関してそれではどれぐらいの接種を行えばよいのか?についてお話します、

「水分」の1日の目安は、通常1日2~3リットルです。喉がそんなに乾いていないからそんなに飲む必要がないと思っている人が多いですが、喉の渇き以上に体は水分を欲しています。

これを行うことで、脳の回転を速くすることができるのです。脳の回転が遅くなるだけでなく、解毒が出来ないので病気にもなりやすくなります。

脳を速く動かすためには、ナチュラルミネラルウォーターか浄水器を通した水を飲むことを欠かさないようにしなければいけません。

食事の直前や食事の最中は水分の摂取はなるべく控えた方がよいです。消火液が薄まってしまい、食べたものを消化するのに時間がかかり、エネルギーを余計に使ってしまうからです。食事の合間に摂取するのが理想です。

私自身、毎日「からだにうるおうアルカリ天然水2ℓ」と「VANA H1ℓ」の合計3ℓは欠かさずに飲むようにしています。外出の時でも他の水を最低でも2ℓは取るようにしています。これを取るようになってから風邪はひかなくなりました。

↓ ↓ 皆様の応援のクリックに感謝しております。ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Banner2

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »