« ペンだけで30日後に行列をつくるすごい裏ワザの著書「山岸二郎」さんと対談 | トップページ | お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(パン20円引きセール編検証) »

お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(生パスタ検証編)

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

本日は先週取り組んだ「生パスタ」の検証結果についての記事を作成します。データの確認もあり、本日は記事作成が遅くなりました。

検証の方法は様々ありますが、生パスタだけの販売数を競って検証しても意味がありません。生パスタを拡販したことで、「スパゲティ・パスタ」という大きな分類が販売アップにつながったのか?ということが大事です。

例をあげると、モスバーガーで低価格のハンバーガを出したときに単品では売れていてもハンバーガー全体で見たら売上がマイナスであった・・・というのではむしろマイナスです。

今回はこの生パスタという商品をきっかけに全体がどのように変化したのか?について報告します。

地区のパスタの1日平均の売上は6300円で、伸長率は125.2%でした。私が担当しているお店で、この手紙風POPをしっかりつけたお店はどのような数字になったか?というと・・・

A店 1日の平均売上 7600円 伸長率 165%

B店 1日の平均売上 9100円 伸長率 152.1%

C店 1日の平均売上 6800円 伸長率 148.6%

D店 1日の平均売上 7300円 伸長率 152.8%

金額も伸長率も平均的な数字を超えることができています。ポイントはボリュームのある発注、陳列、そして手紙風POPの3点が揃うことで販売を変えることができます。

B店のお店に関しては先週の木曜日から開始したので、実際には4日間だけの販売でここまで数字を上げることができています。週初めから行っていればもっともっと売れていたことになります。

生パスタの販売は非常に良い結果をもたらすことができました。営業マン10人の中で売上平均7番目の担当店舗で2番目の結果を出すことができました。

↓ ↓ 皆様の応援のクリックに感謝しております。いつも応援ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Banner2

人気ブログランキングへ

|

« ペンだけで30日後に行列をつくるすごい裏ワザの著書「山岸二郎」さんと対談 | トップページ | お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(パン20円引きセール編検証) »

売れる売り場の展開」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1016579/25628798

この記事へのトラックバック一覧です: お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(生パスタ検証編):

« ペンだけで30日後に行列をつくるすごい裏ワザの著書「山岸二郎」さんと対談 | トップページ | お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(パン20円引きセール編検証) »