« お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(森永mia編) | トップページ | わくわく伝染ツアー2008はステーション(駅) »

お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(ベイクショコラ編)

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

本日は、東京に向かい、和田裕美さんが年に1回しか行わない超スペシャルビッグイベント!!

わくわく伝染ツアー2008 に参加してきます。昨年に続き、2年連続の参加です。非常に楽しみです。

昨日は不思議な食感のチョコを3.3倍売った方法と同時に、焼きチョコである「ベイクショコラ」の売上を2.5倍にした売り場を紹介します。

★仮説

①このチョコは通常のチョコレートとは違い、焼きチョコである。電子レンジでチンしても溶けないというのが他のチョコとは明らかに区別されている強みなので、そこをアピールすれば売れるのではないか?

②コンビニでは小さなサイズのお菓子の方が60%もの人が購入するので、売りやすいのではないか?

★売場展開

下記の写真のように手書きで、「え?これなに?」と気になるPOPをつけました。

★販売結果

1日に平均して1個も売れないチョコレートがこのお店は最低でも2個以上は常に売れるように日々販売が立ってきています。

このPOP2種同時に展開しているので、目をとめて見てくれる人が多いですね。

↓ ↓ 皆様のポチの応援のクリックに感謝しております。日々ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Banner2

人気ブログランキングへ

|

« お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(森永mia編) | トップページ | わくわく伝染ツアー2008はステーション(駅) »

売れる売り場の展開」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1016579/25128975

この記事へのトラックバック一覧です: お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(ベイクショコラ編):

« お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(森永mia編) | トップページ | わくわく伝染ツアー2008はステーション(駅) »