« 中山マコトさんとの個人面談での気づき | トップページ | お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(森永mia編) »

お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(超大盛パスタ編)

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

今週お店に新しく今までにない商品としてコンビニで大盛以上の「超大盛パスタ」が推奨になりました。

売れるであろうという仮説を私は以下のようにたてました。

★仮説

①世の中の動きを見ていると健康系の動きで小食の人もいるが、メガマックやメガ牛丼などが売れていることもあり、超大盛りの商品は人気がある。

②パスタの麺の量は今までの1.5倍もありながら、価格が一番高くても430円と非常に手ごろな値段で買いやすい。

③超大盛の商品の隣に今までの商品を陳列することで見た目に比較することができ、お客様に価値訴求が出来るのではないか?

↓ ↓ 実際に自分自身で作成して撮った売場になります。

★売場のポイント

①パスタ売場で通常2段の棚を売っていく意思を出すために3段に増やす。

②手書きで手紙を意識することでメッセージを読んでもらう。

③大きなパスタなので、既存のパスタと大きさの比較ができるように陳列を行った。

★販売結果

平均で売れている数のナポリタンは2.4倍、明太子スパゲティは2.2倍の販売数をあげることが出来ました。廃棄は0個です。

|

« 中山マコトさんとの個人面談での気づき | トップページ | お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(森永mia編) »

売れる売り場の展開」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1016579/25068677

この記事へのトラックバック一覧です: お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(超大盛パスタ編):

« 中山マコトさんとの個人面談での気づき | トップページ | お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(森永mia編) »