« お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(スターバックスホワイトモカ検証編) | トップページ | お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(蒙古タンメン中本編) »

お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(前担当店舗カウンセリング編)

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

本日は、先週の土曜日に以前担当していた担当店舗に行き、そこのお店の店長さんといろいろ話をして、取り組んだ結果すぐに数字が変わってしまったお話を記事にしたいと思います。(いつもこのブログを読んでくれてありがとうございます♪)

そこのお店さんに行って、店長さんの悩みは・・・

「電子レンジでチンするタイプのカップ麺がうちのお店は売れないんです。ちゃんと手書きのPOPも書いているんですけど1日20個売れないんです。」とのことでした。

一緒に売り場に行って確認してみると・・・がんばって売り場作成をしているのですが、問題点が2つありました。

①カップ麺が私の身長の目線に並んでおり、中身が見えない状態であった。

②手書きのPOPはしっかりとついていたのであるが、お客様が買いたくなるようなキャッチコピーにはなっていなかった。

この2点をすぐにその場で改善して、最下段から3段売り場を作り、一押し商品としてきのこが全て山形産であるというお蕎麦を売りにしたところ・・・

土曜日の販売・日曜日の販売ともに22個の販売数を上げることができました。今まで過去をさかのぼってみても1日に20個以上を売ったことはなかったので、すぐに数字が変化したことの現れです。

また、その時にお弁当で豚ロース生姜焼き弁当が大量にあったこともあり、これもきちんと普通の「豚ロース生姜焼き弁当」とは何が違うのか?お客様がこのお弁当を買うとどのような得があるのか?のベネフィットに焦点を当てたキャッチコピーである・・・

「この豚ロース生姜焼き弁当は普通の生姜焼き弁当とは違います。鉄板で焼いているので肉の旨みが逃げないんです」

と書きました。するとその結果・・・日曜日にそのお弁当の販売数は地区の平均の3倍にもなる17個の販売をあげ、1週間の中で弁当全体で最も販売が下がる日曜日にこの週は最高販売数を上げてしまったのであります。

お店の店長さんに笑顔が出ていたことと声のトーンが2つあがっていたのが非常に嬉しく思っております。

「言葉のチカラ」をぜひ信じて取り組んでいってください。数字が上がると面白くて楽しくてわくわくしながら働くことができます。

↓ ↓ 皆様の応援のクリックをよろしくお願いいたします。ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Banner2

人気ブログランキングへ

|

« お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(スターバックスホワイトモカ検証編) | トップページ | お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(蒙古タンメン中本編) »

売れる売り場の展開」カテゴリの記事

コメント

楽しくやってる様子が目に浮かびますよ。

投稿: 中山マコト | 2008年12月10日 (水) 14時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1016579/26041621

この記事へのトラックバック一覧です: お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(前担当店舗カウンセリング編):

« お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(スターバックスホワイトモカ検証編) | トップページ | お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(蒙古タンメン中本編) »