« お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(正月用切り花編) | トップページ | お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(クリスマスケーキ編) »

お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(ポケモンケーキ編)

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

本日は売れるか売れないかはまだわかりませんが、残り少なくなってきたクリスマスケーキの予約を促進するために作った売場をご紹介します。

★ポケモンケーキの特徴

①値段が3500円する。(値段だけ見ると高いと思う人が非常に多く、なかなか予約が入らないケーキである)

②3500円するには理由がある。それは通常のクリスマスケーキは出来上がったものをそのままいただくのが普通であるが、このケーキはポケモンの顔を自分たちでつくることができる。(福笑いのようにどんな顔にするかは自由)

つまりこの②の特徴がこのケーキがほかのケーキにはない「差別化」「区分化」「専門化」されたUSPである。

③顔が自分たちで作れるという楽しさをお客様に伝えないとこのケーキは3500円=「高い」で売れなくなってしまう。

★手紙風POPのポイント

①通常のお客様が最初に抱く感情である「高い」ということを正直に最初に伝える。

②作用反作用の法則を用い、最初にマイナスにふれてから、でもそうではなくて・・・と伝えることでマイナスからプラスへ一気に持ってくることでお客様の感情を刺激する。

③お客様にこの商品を買うことで得られるベネフィット(利益)は商品ではなくて、家族と一緒に楽しむことができる幸せな感情である。全員にあてはまるものではないが、家族連れの人で家族との時間を大事にしている人向けに狙って書いている。

お店が店売りとしてとったクリスマスケーキであるので、24日当日までに予約を取る工夫をしないとこのケーキは廃棄になってしまい、お店の経費が増えてしまいます。

そうならないようにするために「コトバのチカラ」を使って、お客様の感情を刺激して、予約を頂くことができるのか?人生の中で初めての挑戦ですが、トライしてみたいと思います。後日、結果がどうなったのか?は報告したいと思います。

↓ ↓ 皆様の応援のクリックに感謝しております。いつも応援ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Banner2

人気ブログランキングへ

|

« お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(正月用切り花編) | トップページ | お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(クリスマスケーキ編) »

売れる売り場の展開」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1016579/26249876

この記事へのトラックバック一覧です: お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(ポケモンケーキ編):

« お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(正月用切り花編) | トップページ | お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(クリスマスケーキ編) »