« お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(スターバックスホワイトモカPart2編) | トップページ | お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(おにぎり100円事前告知編) »

お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(いそべ焼きおにぎり編)

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

昨晩は友人の誕生日でもあり、その日にその友人の両親が自宅で和風居酒屋をオープンするという非常におめでたい日でありました。そんな日に一緒に食事をすることができ、また開店初日に行くことが出来てよかったです。

私以外に3人の4人で食事をしたのですが、非常に楽しい有意義な時間を過ごすことができました。出会いに感謝であります。

本日は、今週新しく出た「いそべ焼きおにぎり(チーズマヨ)」という商品の販売数を大きく上げた売り場の事例を紹介します。

★売れるであろう仮説

①今年の2月に1度出たことのある商品であるが、その時は各店舗の平均販売数が45個と驚異的な数字を出したおにぎりであるので売れるのではないか?(通常はTOP売れ筋のツナマヨネーズが20個ぐらいです)

②おにぎりであるのにおにぎりでない、白米ではなくもち米を使っているので「モチモチ」した食感で非常においしいので売れるのではないか?

③温めて食べると美味しいことを伝えれば売れるのではないか?

★売場展開

①目線にフェイス(顔・陳列面)を多く広げて1段使用する。

②手紙風POPを書く。(黒色だけでなく朱色を使用することでより売り場で目立ちお客様が買ってくれる)

★販売結果

ここのお店は新店舗で通常のお店よりも売上で15万円、客数で250人程度少ないお店です。(通常は1000人平均で、来ているので750人程度の来店ということになります。)

平均の販売数が16個の中で、ここのお店は30個も販売をしたのです。客数が平均で1000人来ているお店の平均の販売の2倍近く売ったのであります。

新店舗なので、私が一緒に売り場の作り方・売り方をお伝えしてやっている状況であります。お店のオーナーさんに話をしたところ非常に喜んでいました。嬉しい限りです。

↓ ↓ 皆様の応援のクリックをよろしくお願いいたします。皆様の応援に感謝です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Banner2

人気ブログランキングへ

|

« お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(スターバックスホワイトモカPart2編) | トップページ | お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(おにぎり100円事前告知編) »

売れる売り場の展開」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1016579/25920655

この記事へのトラックバック一覧です: お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(いそべ焼きおにぎり編):

« お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(スターバックスホワイトモカPart2編) | トップページ | お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(おにぎり100円事前告知編) »