« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方 (ワンダ缶コーヒー ミニミニチョロQ付編)

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

本日の売場は我ながら秀逸だと思っております。他の誰もやっていないアイデアです。

アイデア一つで大きく劇的に売れ方が変わる・・・そんな売り方をご紹介いたします。

★商品情報

①今週月曜日から発注するだけで、缶コーヒーの「ワンダ 金の微糖」「ワンダ ゼロマックス」の2種類にあの・・・スカイラインGT-Rの小さな小さなチョロQである「ミニミニチョロQ」がべた付けでついてくる。

②しかもこのべた付けは「コンビニ限定」である。

③このチョロQの種類は全部で10種類ある。

この情報を見た時に私の頭の中で・・・「完全10種コンプリートセット」を作って売れば、間違いなく売れる。と売れてしまうイメージが湧き出てきました。

★販売結果

今週の火曜日から完全コンプリートセットを上記の写真のように袋詰めしてレジ前に並べたところ・・・バカ売れです。3日間で9セット。90本も販売しており、ここのお店、76店舗あるお店の中で、ダントツの1位の販売数を示しております。

★今回の売れているポイント

通常は手書きのPOPで商品のこだわりや中身の説明が多いのですが、今回は一切商品の話はしていません。チョロQが完全に10種類揃うのを売りにしていることで売れるのです。

世の中のお客様が、物を買うときというのは、そのものが欲しくて買っているのではありません。え?書き間違いではないかって?違いますのでもう一度書きます。

そのものが欲しくて買い物をしているのではなく、欲しいという感情を満たすために買い物をするんです。人間は「感情」を満たすためにお金を支払っているのです。

今回の場合は・・・

①コンビニのお店でドリンクの扉を開けて、いちいち10種類のチョロQを探すのはめんどくさいし、恥ずかしい。でも欲しいなあ・・・

②全部揃えるという感情が湧き出てきたら揃えないと気が済まない。

こんなお客様に買って頂けているのではないか?と思っております。ドラスティックに販売が4倍、5倍に跳ね上がります。ぜひぜひ実践してみてくださいね。

↓ ↓ いつも皆様の応援のクリックありがとうございます。一人でも多くの人に見て頂きたいのでクリックを日々よろしくお願いいたします。あなたの1票が大きな1票になります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

社長 経営者 ビジネス系ブログ情報

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手紙屋という本を読んでの気づき・5

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

本日は、今日で完結する、「手紙屋 〰僕の就職活動を変えた10通の手紙 〰」の9通目と10通目のまとめを記事にします。

                 「9通目の手紙」

ちり一つないほどきれいに部屋の掃除をしても次の日にはすでにほこりをかぶってしまいます。どうすればきれいなままでいられるのか?は掃除を習慣化する以外に方法はない。

これと同じように、手紙屋とのやりとりで、誰かの考えが記されているものを読み、それに対して自分の意見を書くということをやり取りして、自分が磨かれる。手紙屋とのやりとりは10通で終わってしまうが、世の中には素晴らしい考えを持った、成功者がたくさんおり、それと同じ数だけ本がある。

本を読んだらそこから得られたものを文章なり絵になりしてまとめることが大事である。これを1度だけではなく、習慣化することが大事である。

そして、この自分を磨き続けることよりも大事なことが、慣性の法則である・・・

「常に動き続けること」

である。すべきことは今できることを考えて、行動にうつすこと。

「転がる石に苔はつかない」

動き続けているものに埃がかぶることはないのです。

               「10通目の手紙」

「成功する人と失敗する人の違い」は、自分の持っている夢を叶えるためには理解していないといけない。それぞれの意見に耳を傾けることで夢を叶える方法が見えてくる。

失敗してしまった人たちの自己分析は・・・

「私には才能がなかった」

一方で、夢をかなえることができた人たちの自己分析は・・・

「どうしてもやりたいことを情熱をもって続けてきた」

成功する人たちは、「私には才能があった」とは言わないのです。

「失敗した人は才能を理由にあげ、成功した人は情熱を理由にあげる」のです。

夢を叶えるのに「才能」は必要ありません。「情熱」が必要なのです。

=======(ここまで)=======

私自身、この本を読んで多くの学びがありました。今現在で、自分自身が出来ていることは、このブログにも書いているように自分なりのまとめを書いて文章にしていること。そして、就職活動中で悩んでいる27歳の青年にこの本を紹介しました。

なかなか読書をしない子なので、読もうと行動しているのかどうかを確認するために1週間ほど間をおいて「本は探している?」と聞いたら、「知り合いの本屋に注文して、今待っている状況です。知り合いからは、お前が本を読むなんて珍しいな。」と言われたとのことでした。

これは非常に嬉しかったです。この本はきちんと身銭を切って、読みこんで欲しかったので、プレゼントはしませんでした。自分で探して見つけて読んでみなと。

就職活動ではない人にも非常に自分の人生を変える1冊になると思うので、読むことをおすすめします。

↓ ↓ いつも応援のクリックをありがとうございます。感謝☆

手紙屋~僕の就職活動を変えた十通の手紙~

買ったきっかけ:
自分の人生の中で大切な人から読んだほうがよいとおすすめされて。

感想:
自分自身が就職活動中に出会っていれば・・・と思うぐらいの内容。今からでも遅くはない。自分自身をさらに磨ける珠玉の1冊。

おすすめポイント:
就職活動で悩んでいる今の多くの若者にこそ読んでもらいたい本。手紙屋とのやりとりを通して、主人公だけではなく、読んでいる「あなた」も間違いなく成長します。

手紙屋~僕の就職活動を変えた十通の手紙~

著者:喜多川 泰

手紙屋~僕の就職活動を変えた十通の手紙~

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

社長 経営者 ビジネス系ブログ情報

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(とろ〰りクリームon杏仁豆腐編)

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

本日は、今週新しく出たデザートの商品である「グリコ とろ〰りクリームon杏仁豆腐」の売れる売場についてご紹介します。

★売場のポイント

①商品を2段積みしてボリュームがあるように見せる(1段ではダメです)

②鮮度が1週間以上ある商品なので、ボリュームを持てる30個以上の発注を行う。

③食感の違う2種類の杏仁豆腐が入っていることを伝えた手書きのPOPをつける

④フェイスの数を最低でも6フェイス以上はとる。

★販売結果

地区の平均の販売が1日、5.3個にたいして、ここのお店は地区の平均よりも売上が6万円ほど低いにもかかわらず、なんと10個の販売を上げることができました。

売上がどうのこうのではなく、売れる売場をキチンと作ることで販売を上げることができます。

↓ ↓ 皆様の応援のクリックありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

社長 経営者 ビジネス系ブログ情報

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方 (ホイップあんぱん編)

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

本日は、もともと売れていなかったパンを安定して売れるようなパンにした事例を紹介します。

パンには「菓子パン」「総菜パン」の2種類ありますが、このパンは「菓子パン」にあたります。

正月の週には1日3個から4個しか平均で売れていませんでした。第2週目には5個〰6個。3週目には7個〰8個。そして、先週は1日平均で10個まで売れるように育ってきたのです。

★このパンに取り組んだ理由

①従業員さんが実際に食べてみて「美味しい」との反応があったので、それをお客様に伝えれば売れるのではないか?

②あんぱんは品揃えとして必ず必要なパンであるが、かなりの数が売れるものではなかった。しかし、このパンだけは売れ足が速かったので、もっと売れるのではないか?

★売り方

①パンの売場の最上段に陳列を行う。

②最低でも10個以上の発注を行い、ボリュームを出す。

③なぜこのパンを好きになったのか?の理由を手書きで書き、お客様に目をとめてもらうPOPを作成する。

味が良いこともあり、リピートが出てきて、10個にまで販売が上がってきたのです。

あなたのお店でも本当はもっと売れるのに作る数を制限してしまっているとか、陳列している数が少なくてお客様の不満足を起こしてしまっていることはありませんか?

↓ ↓ 皆様の応援のクリックに感謝しております。いつもありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

社長 経営者 ビジネス系ブログ情報

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方 (バームクーヘン編)

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

本日は、先週行われた「極上のひとくち」20%引きセールの好事例についてご紹介します。

このセールは「極上のひとくち」のお菓子は全てが20%引きになるというセールであります。なので、普通はあれもこれも売れてしまうものではありますが、1店だけあえて下記のようにおススメ単品を強烈に決めて「言葉のチカラ」でどこまで販売を上げることができるのか?に挑戦しました。

このお店、1日平均で「極上のひとくち」で5100円の売上を上げることができました。周りのお店76店舗の平均は4000円です。

総合の金額だけでみると上位ベスト15位ぐらいのお店ですが、下記の写真にある「ふんわりバームクーヘン」だけで見てみると・・・

1週間で合計の販売数の平均が34個に対して、このお店は実に82個の販売。地区で上位4番目の販売を上げることができました。

実にその数・・・2.4倍です。

実はこのお店、昨年行われた同じセールと比較すると、売った数では負けていたのですが、金額が120円と若干高い「ふんわりバームクーヘン」をここまで売ったことで、金額は昨年を超えることができました。

★ポイント

①今の世の中安くないと売れないというが、そんなことはない。商品に情報という付加価値をつけてあげることで、お客様は買いたいという心理が潜在から顕在する。

②セールの時であっても、この単品が「なぜお客様におススメなのか?」のお店の理由・意思を明確にして伝えていく。

良い結果を出すことができたセールでありました。文章読むと「ふんわりバームクーヘン」食べたくなってきませんか?

↓ ↓ 皆様の応援のクリックありがとうございます。いつも感謝です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

社長 経営者 ビジネス系ブログ情報

| | コメント (1) | トラックバック (0)

お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(ブラックカレーヌードル編)

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

ブログの更新が久々で申し訳ありません。昨日行われた会社の同僚の結婚式の余興の準備のために毎晩深夜2時過ぎまで先週は練習を行っていたためになかなか更新ができていない状態でした。

今日付けで昨日、一昨日分のブログの記事も全て更新します。

本日は、カップラーメンの「ブラックカレーヌードル」を地区平均の3倍近くの販売数を上げた売り場をご紹介します。

★仮説

①ブラックカレーヌードルという商品は他のお店には置いていない限定商品である。目立たせれば売れるのではないか?

②ブラックの説明をキチンとお客様にすれば売れるのではないか?

③パッケージが黒色で売場で目立つのできちんと売場展開すれば売れるのではないか?

★売場のポイント

①ボリュームのある発注量を行う。

②目線に2段展開でお客様に目立つ売り場を作成する。

③ブラックカレーヌードルのどこがなぜブラックなのか?の理由づけをお客様に情報開示する手書きのPOPを作成する。

★販売状況

初日地区平均8.2個の販売に対して、ここのお店は23個の販売とおよそ2.8倍もの販売を上げることができました。

特に先週は給料日前ということもあり、カップラーメンの売れ行きが非常に良かったのです。

カップラーメンや袋ラーメンは年間12か月の中で何月が最も売れる月なのでしょうか?

答えは来月の2月が年間の中でも受験対応での夜食需要や気温低下などの理由により年間で最も売れる月になるのです。

そのピークを迎える前にきちんと売場を作ることでより、大きな販売を上げることができるのです。

↓ ↓ 皆様の応援のクリックをよろしくお願いいたします。日々の応援に感謝です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

社長 経営者 ビジネス系ブログ情報

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手紙屋という本を読んでの気づき・4

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

本日は、喜多川泰さんが書いた手紙屋の7通目と8通目のまとめを記事にします。

               「7通目の手紙」

人が夢や目標を持つと目の前には必ず壁が現れます。人は目の前に壁があると乗り越えようと集中してしまいます。実際は乗り越えることよりもどう乗り越えようとしたかのほうがはるかに大事です。

自分の夢を実現するためには、「しっかりしたゴールを持ち、常にそのゴールを忘れない」ことではなく、「今、目の前にあるものに全力を注いで生きる」ことです。

あなたの目の前にあるものは将来、絶対に必要だからこそやってきた神様からの贈り物だと思うことが大事です。

目の前にあるものに全力を注いで生きることが何よりも大切な成功法則であるのです。

人生という大海原にこぎだす時にその船が誰のものであるか?自分が船長か船員か、船が大きいか小さいかなんてことはどうでもよく、大事なのは「何のために」その船が航海しているかなのです。

人生の目標を持った時からあなたの人生の始まりであり、目標をしっかり持てば、今日を生きるという確固たる生き方を行うことができるのです。

               「8通目の手紙」

自分のやりたいことが、一見、世の中の誰も実現出来そうにないことであっても、絶対に「これは無理だから・・・」と自分の中から切り捨てないことです。

どんなに大きな壁であっても乗り越えられる壁しかあなたの間には表れてこないのです。あなたの描く夢が大きければ大きいほど、現れる壁は大きく、乗り越えるのが困難になりますが、壁が高くなればなるほど、あなたを応援する応援団は大きくなります。

あなたの成功が日本をいや世界を大きく変えるのです。あなたが成功した時にかかわって生きている、全世界の何千万、何億人という未来の彼らたちは、あなたの成功を心待ちにしています。

今日1日の勇気ある前進によってあなたが成功に一歩近づくことを心から喜んでくれています。

↓ ↓ いつも応援のクリックをありがとうございます。日々の応援に感謝です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

社長 経営者 ビジネス系ブログ情報

| | コメント (0) | トラックバック (0)

師匠「中山マコト」アマゾンキャンペーンのお知らせ

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

本日は、私の師匠である「中山マコト」さんの最新刊、「お客様は神様か?」と学研さんの出版記念講演会で本を買い、サインまで頂いた・・・上原愛加ちゃんの合同キャンペーンをアマゾンで行いますので、それの告知をして、一人でも多くの人に知ってもらえれば・・・と思ってブログを書いています。

実際に私は、「お客様は神様か?」の本を読みました。なんと!!師匠から直接、読んでみてほしいということで、自宅まで送って頂いた本なのです。

今週の火曜日の東京へ会議へ向かう中で全て読み終えました。この本を読むことで、あなたはどうなるかというと・・・

①世の中の常識だと思っていたことを少し違う角度で見てみようという考えが湧き出て、世間が常識と思っていることから「脱出」し、新たな見方が出来るようになります。

②お客様を喜ばせるにはどうすればよいのか?本気で考えるようになります。本気で考えて、実践すると成功する人生を送ることができます。

③外での食事がワクワクしますo(^0^)oどのような接客をされるのか?少しでも「イラッ」ときたら説教かお客様の声カードに記入してしまうぐらいに接客とは?サービスとは?と意識するようになります。

④売上が上がらないと嘆いている商店主や店長など様々な人にその原因は外部ではなく、内部にあったことを気づかせてくれる本です。

このアマゾンキャンペーンはあり得ないくらいに特典が盛り沢山です。必ずやあなたの人生のお役にたつこと間違いなしのキャンペーンです。

下記のアドレスからキャンペーン内容を確認してみてください。「お客様は神様か?」商売をしている人であれば、読まないから売上が上がらない、読めば売上があがる本だと私は思います。800円で購入できるのでお勧めです。

http://www.kikidasu.jp/kamisama/

マイコミ新書 お客様は神様か?~売れない時代の新しい接客・サービス~ (マイコミ新書)

買ったきっかけ:
師匠から頂いたので買っていませんが、、、アマゾンキャンペーンの応援で購入します!

感想:
今までにない中山師匠ならではの視点で世の中の接客をバッサリ切るところが非常に面白く、痛快な本であります。

おすすめポイント:
今までの常識だと思っていたことから脱出して成功することができます。
売上が上がらない原因は外部ではなく内部にあったのです。

マイコミ新書 お客様は神様か?~売れない時代の新しい接客・サービス~ (マイコミ新書)

著者:中山 マコト

マイコミ新書 お客様は神様か?~売れない時代の新しい接客・サービス~ (マイコミ新書)

↓ ↓ 皆様の応援のクリックをよろしくお願いいたします。いつもありがとうございます。本日は中山マコト師匠の応援をよろしくお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

社長 経営者 ビジネス系ブログ情報

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手紙屋という本を読んでの気づき・3

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

火曜日は早朝から東京へ会議のために出張であり、ブログの更新が遅れました。

今日は、手紙屋の5通目と6通目の手紙についてまとめたことを書きます。

                「5通目の手紙」

幸せに長生きする「法人」とは・・・

①多くの人から長期間にわたって必要とされ続けること

②収入内の生活をすること

最低限、これらのことができなければ、法人としての人生は終わってしまうのです。

実はこれは法人だけではなく、我々人間もこの2つを達成しないと生きていけないのです。特に人間にとっても大事なのは、前者の「多くの人から必要とされること」です。

               「6通目の手紙」

「どんな職業が自分に向いているかわからない」という悩みがあるが、ある仕事が自分に向いているかいないかはやってみなければわかりません。

自分に向いている職業を探すのは、自分ではまだ気づいていない自分の才能を開花させるチャンスを失う恐れがあります。

自分に向いていそうな職種を探すのではなくて、考えただけでワクワクするような目標をもった会社を探すのがよい。どんな会社に就職したとしてもそれは自分で作り始める人生の入り口にすぎない。

明日は7通目、8通目の手紙について書きます。

↓ ↓ いつも応援のクリックをありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

手紙屋という本を読んでの気づき・2

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

本日も昨日に続き、「手紙屋 〰 僕の就職活動を変えた10通の手紙 〰 のインストール・リーディングを行います。

                    「3通目の手紙」

「天は自ら助くるものを助く」   世間の流行も需要も人の好みも会社も10年もすれば大きく変わる。今は大企業と言われている会社でもすべての企業は荒波を乗り越えていかなければ生き残っていくことはできません。

給料は大きく上がらなくとも、「平時はあなたの頑張りで、他の社員の分まで給料を稼ぎだす」気持で仕事をしていると、いざ何かあった時にそれまでの頑張りが認められる存在になっています。

自分の力ではなく、「他力」を当てに生きようとする人は自分たちでもどうしようもない境遇に陥ってしまいます。

一方で、会社の規模の大小や仕事の職種に関係なく、どんな人でも成功する人はいる。

どんな環境に身を置いていても人生を自分で切り開いていこうとする人です。

大切なのは、自分の人生は自分で作っていくという強さを常に持ち続けることです。

                    「4通目の手紙」

「人生は思いどおりにいく」多くの成功者が座右の銘にする言葉です。

「人生は思いどおりにいかない」夢を実現できなかったもっと多くの人たちが感じる人生訓です。

人生が思いどおりにいくために「物々交換」では手に入れることができないものを手に入れる方法は・・・頭の中にいつも ”天秤” を用意すること。

天秤の片方の皿の上には、あなたの手に入れたいものを載せます。そして、それと釣り合うものを、釣り合う量だけ、もう片方の皿の上に載せたときに、あんたの欲しいものが手に入るのです。

↓ ↓ 皆様の応援のクリックをよろしく願いたします。いつもありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手紙屋という本を読んでの気づき・1

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

土曜日に東京へ行き、日曜日の午後に高速バスに乗って帰ってきましたが、その往復の高速バスの中で読み終えた名著の本についてご紹介します。

本のタイトルは・・・「手紙屋 〰僕の就職活動を変えた10通の手紙〰 」です。

著者は「喜多川 泰」さんです。

本を読んだときにはインプット出来ているが、何ヶ月かたつと中身を忘れている自分が昨年まではいました。読んだ直後は覚えているが、そのあとは何も覚えていない。。。

そんな読書の仕方は昨年までにして、今年からは読んでまとめることを自分のブログにアウトプットしていくことで、自分自身の脳みそに刻まれるし、読書用のノートを1冊買ってきて、さらに書くという行為を行うことで、記憶に残る読書を行っていこうと思います。

これを「インストール リーディング」と言い、読んだら読んだだけ自分の血肉化にすることができる読み方です。

早速今回から、この「手紙屋」をインストール・リーディングしていきたいと思います。

今回は、手紙屋から来た10通の手紙の中のそれぞれの手紙から私自身が学んだ言葉・フレーズを抜き出します。一気に書くと文章が長くなるので、5回に分けて2通づつ書きます。

                     「1通目の手紙」

「欲しいものはお金を払って手に入れる」のではなく、「物々交換」で手に入れる。この「物々交換」とは、相手の持っているものの中で、自分が欲しいものと、自分が持っているものの中で相手が欲しがるものとを、お互いがちょうどいいと思う量で交換していることである。

あなたが持っているものの中で、他人が欲しがるものは「お金」なのだろうか?そんなことはない。気がついていないだけで、あなたにはお金ではなく、もっと素晴らしいものが、相手がどうしても欲しいと思えるものがたくさんあるのだ。

それを見つけて、磨いて、出し惜しみしないで、どんどん周囲の人に提供してみよう。きっと思ってもみない様々なものが手に入るはず。

                     「2通目の手紙」

あなたが出会った人すべてを味方にしてしまう魔法の方法。それは、相手にこうなってほしいという「称号」を与えてしまうことです。私たちは「相手を変えることは出来ない」し、「すべての人にあらゆる性格が備わっている」ことを理解すると、相手の持っている性格の中で欲しいものを引き出すのが、「称号」を与えるということである。

その「称号」はほとんどの人は「こうなれ」という希望を込めたものではなく、「こんなマズイところがある」という現状に対するダメ出しばかり。あいつは「ワガママだよ!」と言われるよりも「将来成功する」という「称号」を与える人はほどんどいない。だから世の中の偉人が少ない。

あなたが相手の欲しい「称号」を与えることで、この世に偉人がたくさん誕生し、あなたはかけがえのない存在になるでしょう。そして、その「称号」という言葉も他の人にとってはお金だけではなく、「物々交換」の対象になるのです。

あなたは、今日から誰にどんな称号を与えて生きていきますか?

手紙屋~僕の就職活動を変えた十通の手紙~

買ったきっかけ:
心から信頼している人にお勧めされた本だから。絶対にいい!といわれた言葉を素直に信じました。

感想:
この手紙の10の教えを実践することで間違いなく人生が良くなる方向に変わります。

おすすめポイント:
手紙屋との手紙のやり取りで主人公も成長するが、読んでいる私自身も成長する点。

手紙屋~僕の就職活動を変えた十通の手紙~

著者:喜多川 泰

手紙屋~僕の就職活動を変えた十通の手紙~

↓ ↓ 皆様の応援のクリックをよろしくお願いいたします。いつも応援ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (1)

中山マコトセミナーin東京 キャッチフレーズで人生は変えられる

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

先週の土曜日は東京は新宿で行われた、「中山マコト」さん主催の・・・

「キャッチフレーズで人生は変えられる」に参加してきました。

昨年、実に毎週のように様々なセミナーや講演会に足運びを行い、たくさんの人と名刺交換をしました。

名刺にこだわりを持って作ったところとしては・・・

①忘れられないように似顔絵を入れる。

②表面だけではなく、裏面もしっかり使う。

③ブログへすぐにアクセスできるQRコードを掲載する。

などを行っていましたが、意識して作っていなかったキャッチフレーズを今年はきちんと考えてつけようと思っています。

私が当初名刺につけたキャッチフレーズとは・・・「成幸する5%の法則に当てはまり、家族の絆と健康を促進するスーパーマーケッター」でした。

中山マコトさんに初めて会った時に「成幸って。。。君、浅い言葉を使っているね〰」といきなり言われ、初対面だったこともあり、正直カチン!!と来たのですが、よくよく考えてみると、いきなりこんな厳しいことを言ってくれる人はなかなかいない。この人は何か知っているからそういう言葉を言うのであろう・・・そう考え、中山さんの本を読み、真似できるところから少しづつ初めたのです。

今、自分自身のキャッチフレーズを見ても・・・全く意味がわかりません(笑)

他の人が私は何者なんだ!ということをきちんと伝えることが全くできていなかったのです。まさに人が作った言葉をそのまま使う「ダメなキャッチフレーズの作り方」にドンぴしゃ入っていたのです。

それでは、どのようなキャッチフレーズだとよいのでしょうか?いくつか例をあげてみると・・・

①物から見た視点のキャッチフレーズ

物を運ぶヤマト運輸の人であれば・・・「運ばれたい男NO・1」

魚をさばく板前さんであれば・・・「さばかれたい男NO・1」

美味しい牛肉を調理する料理人であれば・・・「牛に抱かれたい男NO・1」

など面白く、インパクトのあるキャッチフレーズを作ることができます。

②セグメント(相手)をハッキリさせる

名刺に必ずと言っていいほど資格名のみ書いてある「中小企業診断士」という名前も・・・

「5人以下の会社の中小企業診断士」と名乗るとか・・・

同じく「社会保険労務士」という資格名を書くのではなくて、走るのが得意な人であれば

「走る社労士」と名乗るとか・・・

こういうインパクトがあり、何が出来る人なのかを伝えるキャッチフレーズが私の名刺には足りていませんでした・・・

今月中にこれをひねり出すべくいろいろと考えて、中山マコトさんにメールを送り、確認してもらいたいと思っています。

「バカウケ」キャッチフレーズで、仕事が10倍うまくいく―たった1フレーズで、あなたはブランドになる! (Dream skill club)

買ったきっかけ:
中山マコト師匠のお勧めの本であり、身近な人の例を出し、キャッチフレーズで大きく人生を変えている人がたくさんいたから。

感想:
今までにない視点に気づかされました。ただ名刺を配っているなんてただのアホ。自分の人生のチャンスを95%捨てているのと同じです。

おすすめポイント:
本気で人生を変えたいなら、、、読んで実践すべし。絶対に個人名刺作成の前に読まなければいけない本

「バカウケ」キャッチフレーズで、仕事が10倍うまくいく―たった1フレーズで、あなたはブランドになる! (Dream skill club)

著者:中山 マコト

「バカウケ」キャッチフレーズで、仕事が10倍うまくいく―たった1フレーズで、あなたはブランドになる! (Dream skill club)

↓ ↓ 皆様の応援の感謝しております。クリックをよろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方 (大人向けわさビーフ編)

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

本日は、山芳から新しく出た「大人向けわさビーフ」の売れている売場事例の記事を書きます。

★売れる仮説

①昨年も発売になっており、パッケージを新しくして今回推奨ということになったので、きちんと売場展開をすれば売れるのではないか?

②辛さ5倍という大人向けのわさビーフというコンセプトも面白い。どれだけ辛いのか?ということをお客様に伝えることで売れるのではないか?

★売場のポイント

①最上段に5フェイス1段展開を実施して、お客様に目立つ売場を作成する。

②手書きのPOPを書き、大人ではない人は買わないでください!というキャッチコピーを書き、引きつける。

★販売動向

地区の平均販売数が3.5個に対して、1日平均5個と143%の売上比になっています。まだ、1日だけの数字なので大きく跳ねていませんが、本日、明日の週末でもっと売れてきます。

本日は東京の新宿駅近隣で行われる、中山マコト師匠の「バカウケキャッチフレーズで人生は変われる」セミナーに参加してきます。

詳細は明日のブログで書きます。

↓ ↓ 皆様の応援のクリックありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Banner2

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

フランスパン工房販売動向検証

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

昨日、写真付きでご紹介した、「おやつカンパニー」さんが今週新しく出している「フランスパン工房 キャラメル味」の初日の販売動向が出たので記事にします。

フランスパン工房は地区の平均で3.7個1日平均の販売数でした。1店あたりの販売数ということになります。

昨日、写真展開をしたお店は販売6個と実に1.62倍もの販売数を上げることができています。

TVCMもメーカーさんで入れていることもあるので、今の時期にしっかりボリュームのある展開を行うことによって、どんどん売れるようになります。

明日は、もう一つ、売れている事例として、「大人向けわさビーフ」の売場展開事例と販売数の結果も合わせてお伝えします。

↓ ↓ 皆様の日々のクリックをお願いいたします。いつも応援に感謝しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Banner2

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(フランスパン工房キャラメル味編)

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

http://082.oyatsu.co.jp/product/french/tvcm/cm_maji.html

TVCMでもかなりの話題になっている新商品、フランスパン工房キャラメル味の売れている売場展開について記事を作成します。

★売れる仮説

①前回のシュガーバター味の時も非常に売れたフランスパン工房。今回は新味のキャラメル味が出たので、しっかり売場展開すれば売れるのではないか?

②TVCMで美輪明宏さんが出ており、インパクトのある画像になっている。話題性もあるので、しっかり展開することで売れるのではないか?

★売場のポイント

①最上段にボリュームのある量を展開し、まるまる1段5フェイスフェイスを確保する。

②今なら20%増量中というお客さまにとってのベネフィットを告知する。

③手書きのPOPを書くことで、お客様に目のとまる売場にしていく。

この売場でどれぐらい販売数としての結果が出るかは、また別の記事でお知らせしていきます。

↓ ↓ 皆様の応援のクリックをよろしくお願いいたします。いつもありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Banner2

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(スターバックス缶コーヒー2編)

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

本日はもう1発、スターバックス缶コーヒーの売場事例をご紹介します。本日、担当店舗の販売数のデータを確認したところ、このお店の販売数はコンパーナという缶コーヒーが地区平均8本の販売に対して11本。

ドッピオという缶コーヒーが地区平均6.2本に対して7本という販売結果でありました。未だ爆発的には売れてはいませんが、売上が地区の平均よりも10万円(客数で言うと200人)低いお店でありながら超えているので、健闘しているといえるのではないでしょうか?

まだまだ、販売数を上げる工夫を行っていきます。

★売れる情報として・・・

今週から推奨になったということもあり、サントリーがスターバックスコーヒーチェーンの店頭で試供品を140店舗、合計23000本の配布を行うので、商品の知名度や特徴を知らせることに一役買うと思われる。

ホット缶コーヒーの売り場もきちんとフェイスを拡大することでさらなる販売数をあげるようにしていく。

↓ ↓ 皆様の応援のクリックをよろしくお願いします。応援に感謝しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Banner2

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(スターバックス缶コーヒー編)

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

本日は、今週、コンビニエンスストア先行販売ということで出た「スターバックス」の缶コーヒー2品について売れる売り場の展開事例をご紹介したいと思います。

昨日からの販売開始なので、まだ販売数は出ていませんが・・・仮説と売場のポイントは・・・

★仮説

①コンビニエンスストアでしか売っていない缶コーヒーなので売れるのではないか?

②自動販売機やスーパーでも売っていないので、売れるのではないか?

③缶コーヒーでスターバックスブランドで出るのは初めてだし、178円という今までの120円缶コーヒーとは明らかに違うコーヒーなので売れるのではないか?

★売場のポイント

①チルド飲料は210円と高いが非常に販売が好調なので、スターバックスブランドで一緒に売り場をまとめてみる。

②手書きのPOPを書いて、ワンランク上の他の人とは違うんだ、という人に訴えかけた文章にする。

③目線で2アイテム1段展開を実施し、認知してもらう売り場つくりを行う。

販売数はどうなったかは、また後日改めて報告いたします。商品の陳列場所を超えて、ブランドでまとめてみると・・・果たしてどうなるでしょうか?

↓ ↓ 皆様の応援のクリックありがとうございます。いつも感謝しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Banner2

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(プリンバウム販売結果編)

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

先週取り組んだ「プリンバウム」の販売結果が本日お店をまわってデータを確認したところ出ましたので、報告をいたします。

このプリンバウム・・・2週間前は1週間合計の販売数が、な!なんと!! 0個。

そして、1週間前は・・・2個とほとんど!?全くと言っていいほど売れていないお菓子でした。それを私が魔法をかけて週末明けてお店に行って売場を確認したら・・・

プリンバウム8個が週末の3日間で完売していたのです。完売です。これにはオーナーさんが最も驚いていました。

今まで全く売れたいなかったものが「言葉のチカラ」でこれほどまでに売れてしまう・・・

私自身も今回のような売れていないお菓子を売れるように出来るのか?初めての試みでしたが、非常に良い結果を出すことができました。もっとこのプリンバウムは売れますね。

売れる=お客様が喜んでくれている

売れる売場=お客様が喜んで楽しいと感じてくれる売場

売れるための売り場つくり=お客様を喜ばせようという売り場つくり

これを信念として今後も継続して情報発信していきます。

↓ ↓ 皆様の応援のクリックに感謝しております。いつもありがとうございます

ブログランキング・にほんブログ村へ

Banner2

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(珍味編)

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

本日の記事作成で通算300通目の記事作成になりました。今年の3月下旬でまる1年が経過しようとしています。日々コツコツと継続を行ってきた結果ではありますが、今後も行動と継続を行う成功の法則5%にあてはまる人物として証明し続けていきたいと思います。

本日の売場の記事に関しては、珍味の商品でなとりから・・・

「一度は食べていただきたい熟成チーズ鱈」という商品を売れるように売り場作成をした記事をお伝えします。

★売場のポイント

①今までにない商品名の珍味である。この商品名を活かしてお客様に手書きのPOPを書くことでアピールできるのではないか?

②珍味を買おうと思っているお客様にまず1度は食べてみて下さいという選択肢を与えることで、気になったら買ってしまうように最上段に陳列して見てもらう確率を高める。

販売動向は金曜日からこの売り場作成を行ったので、明日以降に報告できると思います。こういう工夫を行うことで、まだまだ商品は売れるし、お客様にも楽しんで買い物をしてもらうことができます。

商品が売れる =イコール お客様が喜んでいる

商品をどう売るか? =イコール お客様をどう喜ばせるか?

ということを常に自分の物差しとして持ち、売り場展開を今後も行います。

↓ ↓ 皆様の応援のクリックに感謝しております。ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Banner2

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(リッチピスタチオチョコ編)

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

本日3発目の記事になります。3つ目の売れている売場展開の記事は、今週明治製菓から全国で一斉に新発売になった 「リッチピスタチオチョコ」 の売れている売場の記事を作成します。

まず、この明治製菓のリッチチョコは今までストロベリーやバナナ味などが出ており、金額も210円と通常のチョコレートよりも高く販売しているちょっとぜいたくなチョコレートになります。

今回のピスタチオチョコレートですが、ピスタチオとはナッツの女王とも呼ばれる、他のナッツとは異なる独特の風味があるナッツになります。それを今回はホワイトチョコレートと混ぜたという非常に味の濃いチョコレートになります。

★売場のポイント

①ボリュームをもって展開する。初回発注量40個と大量の数を確保する。

②フェイスを広げる。最上段で1段展開を行うことで、お客様の目にとまり、購買意欲をかきたてる。

③手書きでPOPを書き、お客様に「言葉のチカラ」で購入をしてもらう。手書きPOPとしては、一見マイナスに見える「濃厚な味」ということを正直に伝えています。本来の味を出しているから濃厚なんだということをお客様に分かってもらえるような情報発信をしています。

★販売結果

チョコレート分類では地区では売筋34位の商品が、ここのお店では販売数1位という結果を出しています。地区の1日平均0.4個の販売と比較すると、このお店は2.7個と約700%近い販売差を誇っています。

商品を売るということは非常にシンプルです。1商品当たりのボリュームを持ち、アイテムの数を減らし、お客様の目にとまるようにフェイスを広げ、手書きのPOPや声をかけることで情報を発信し、お客様に知ってもらうことで初めて買ってもらうことができます。。

↓ ↓ 皆様の応援のクリックに感謝しております。これからもご支援をよろしくお願いします。いつもありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Banner2

人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(プリンバウム編)

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

本日は09年は毎日1通分は必ず記事を作成すると決めているので、2日分書けていなかった分のもう2記事を書きます。

本日ご紹介するのは、プリンのバームクーヘンを「言葉の力」で売れる商品に出来るのかどうかを売場で実践している例になります。

この商品はお菓子の中で100円がほとんどのお菓子の中で150円もします。それゆえに14品あるお菓子のシリーズの中では下から2番目に地区では売れていないというお菓子なのです。

しかし、今回はあえてこの周りのお店では売れていない商品にスポットをあててみました。

このお菓子って実は我々が気づいていない魅力があるのではないか?そう考えて下記のように売場を作成しました。

★売場のポイント

①プリンバウムというバームクーヘンはそんじょそこらの洋菓子屋やバームクーヘン専門店に行ってもなかなか売っているものではない。バームクーヘンなら味は想像できるが、プリンバウムというのは・・・果たして甘いのか?ほろ苦い味がするのか?それは食べてみなければわからないという好奇心を刺激するキャッチコピーを手書きで書く。

②最上段に売場を変更する。フェイスは今までの1フェイスから倍の2フェイスにする。本来は棚1段分、5フェイスは確保したいのであるが、そこまで在庫がなく、ボリューム感が出せないので、2フェイスで対応。

昨日から作成を開始した売場なので、販売数は来週報告いたします。このプリンバウム・・・今までは1週間でたったの1個しか売れていないお菓子です。しかし、スポットライトを浴びせてみることでどこまでブレイクするのか?楽しみであります。

↓ ↓ 皆様の応援のクリックをよろしくお願いいたします。いつも応援ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Banner2

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(ナポリタン編)

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

本日はスパゲティ・パスタの中でも定番中の定番のナポリタンスパゲティを劇的に販売を変える売場展開についてご紹介します。

現在お店では、麺類全品50円引きセールを行っていますが、様々なうどんや蕎麦やラーメンなど全てが50円引きになっています。売れるものが様々多くあるため、単品で売れ残ってしまうものも中にはあります。

今回、このお店はジューシーナポリタンが発注した割には予想以上に売れなかったために発注数21個に対して4個しか売れていないという状況でした。このままでは廃棄になってしまうということもあり、売り場を下記のように変更しました。

★売場のポイント

①ジューシーナポリタンのボリュームのある量はあるので、フェイスを広げる。これを行うことによってお客様の目に入り、売れます。

②手書きでPOPを書く。ただ、手書きで書けばいいということではなく、なぜジューシーなナポリタンなのか?という商品名に対するこだわりを説明しました。

素材本来の美味しさをお客様に提供するように作っているということの情報をPOPにて発信することで、お客様は目をとめてくれます。

★販売結果

手書きのPOPをつける前の販売数は4個で廃棄が2個出ましたが、昨日の販売数は8個。本日の販売数は7個で、全て完売してしまったのです。2倍の販売数を叩き出すことができました。

商品というのはただ置いておけば売れる時代は終わっています。この商品がどのような商品なのか?他のナポリタンとの違いは何なのか?ということの情報をキチンとお客様に伝えることで大きく販売が変わるのです。

↓ ↓ 皆様の応援のクリックをよろしくお願いいたします。応援いつもありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Banner2

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(麺類50円引きセール編)

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

本日は、麺類が全て50円引きになるというセールの初日を迎えており、担当店舗を本日まわっていましたが、売れる売り場と売れない売り場の違いが非常にわかりやすく説明できる売場の状態になっていました。

★売れる売場のポイント

①きちんと値下げの対象になる商品の元値と安くなった後の値段が各単品ごとにきちんと書いてある。

②ボリュームをもって発注した商品は、フェイスを広げて、お客様の目に留まりやすいように陳列してある。

下記の写真2枚が手直しをした後の売場になります。

↓ ↓ 手直しした売り場の2枚目の写真になります。手書きの単品POPをつけたとたんに売れてしまい、空きもチラホラ見受けられます。

↓ ↓ 下記の写真2枚が売れない売り場の典型的な売り場です。

★売れない売り場のポイント

①販促物が全くついていない。何が値引きセールになっているのか?すらお客様に伝わらない。

②値引き前後の価格をきちんとお客さまに伝える工夫を行っていないので、売れない。

③ボリュームをもって発注した商品ですらフェイスを広げることが出来ていない。

↓ ↓ 売れない売り場の写真2枚目になります。

売れる売り場と売れない売り場の比較写真を見てもらうことで一目瞭然かと思います。商品を売るためには、アイテムを絞って、商品の単品のボリュームをもって、商品のフェイス(顔)を広げて、売るための工夫として手書きでのPOP作成やお客様に声をかける。

これをやるかやらないかで大きく売り上げに差ができ始めます。

↓ ↓ 皆様の応援のクリックに感謝しております。ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Banner2

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(蒙古タンメン中本編)

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

本日は、朝4時起きだったのですが、東京から始発の新幹線に乗る都合もあり、今の時間の記事作成になりました。

本日お伝えするのは、お店が独自にやったPOPの事例になります。大晦日から元旦にかけて「カウントダウンTV」の中で、人気カップラーメンベスト10ということで放送されたのですが、それを素直にお店の奥様が真似して書いた売場になります。

★売場のポイント

①カウントダウンTVで紹介された旨の告知を行う。

②お店のカップラーメンの中で最も売れているということをアピールする。

③TVで紹介された1位から10位まですべてのカップラーメンに手書きPOPをつける。

これを行ったところ・・・面白い販売結果が出ました。

★販売結果

地区全体では蒙古タンメン中本の売れ筋順位は6番目ですが、このお店は1位になりました。地区のカップラーメン全体の伸長が117%に対して、このお店の伸長率は148%と31%も大幅にアップさせることが出来ています。

少しの工夫で、単品が売れることでカップラーメンというカテゴリーの数字まで改善するという素晴らしい事例になります。

↓ ↓ 皆様の応援のクリックに感謝しています。いつもありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Banner2

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(初夢袋編)

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

今日は、コンビニでは高単価の部類に入る1万円の初夢袋が売れるとよいな・・・という期待を込めての売場展開になります。

1万円するので、そうそう簡単にポンポン売れるものではありませんが・・・

★売場のポイント

①袋の中身をすべて出して、お客様に直接見てもらう工夫を行う。お客様のリスクを減らす。

②使えば使うほどなじむという特徴をうたった手書きのPOPを作成する。

③5点も入って1万円であるということを告知する。

販売動向は今のところ0個です。そうそう簡単に売れるものではないですが・・・

販売を1個目指してますはいきます。

↓ ↓ いつも応援のクリックありがとうございます。応援に感謝しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Banner2

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(和三盆しるこ編)

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

本日はお正月の3日間で仕掛けたおしるこの売場についての記事を書きます。おしるこはコンビニではなかなか品揃えをしているお店はほとんどありません。和三盆というのは落雁などの和菓子に用いられる砂糖のことですが、なかなか知っている人もいないであろうということで・・・

★売場のポイント

①コンビニでもおしるこを扱っているということをきちんと知ってもらうためにボリュームのある発注を行い、フェイスを広げる。

②原材料をキチンと国産の小豆とモチ米を使用することをうたい、安心・安全を告知する。

③今は甘すぎるおしるこは敬遠されるので、控え目な甘さにしていることをあわせて告知する。

★販売結果

元旦で販売数3個、2日も2個と順調に売れています。ほとんどのお店では品揃えすらしていないので、1日の平均販売数は1個も売れていません。その中でも、きちんと商品の特徴を伝えることで販売に結びついています。

↓ ↓ 皆様の応援のクリックに感謝しております。いつもありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Banner2

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(なが〰いプリンパフェ編)

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

2009年も早いもので、3が日が終わろうとしています。私は大晦日含めてすべて仕事を行っていますが、この時期はお客様の購買の動きが大きく変わります。

デザートが売れるということを事例に話をしていますが、下記のような金額の高いデザートもよく売れます。

なが〰いプリンパフェというデザートで480円もします。コンビニでは100円台、200円台がほとんどのデザートの価格の中で、この480円という値段は破格です。1日に2個、3個売れればそれだけで、デザートの金額貢献度として1位になります。

このデザートを下記のように展開すると1日に3個売れます。3個で十分です。

★売場のポイント

①棚1段にパフェは3つ入るので、3フェイスしっかりとって展開する。

②ボリュームをもって6個以上商品を発注して、2段展開を行う。

③手書きPOPもプリンパフェにあわせて長〰く書き、商品特徴を伝える。

★販売結果

1日3個のペースで売ることが出来ています。105円のシュークリームが1日に15個売れるのと同じ金額を稼ぐことができており、売上貢献度ナンバーワンのデザートなのです。数ではシュークリームに負けますが・・・売上というのは数を競うものではなく、金額で見る目線を持つことも大事なのであります。

↓ ↓ 皆様の応援のクリックに感謝しております。いつもありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Banner2

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(レトルトカレー編)

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

本日の1月2日はおせち料理やお雑煮に飽きてきた時におススメのカレーの売場展開をお知らせします。

★仮説

正月の食べ物である「おせち」や「雑煮」に飽きた時に口の中は刺激のあるものを求めるようになります。デザートや高級アイスが売れるのは「甘い」ものを求めているから。

それと同じようにカレーに対しては「辛さ」を求めているのです。昔のTVCMで流れていた「おせちもいいけどカレーもね」のキャッチコピーをそのまま使って売場展開をしています。

★売場のポイント

カレーのレトルトを最上段に展開することと関連商品でレトルトのごはんパックも合わせて展開することで売上アップがさらに見込めます。

弁当の品揃えや弁当屋さんが今の時期に意識するのはカレーライスです。唯一のカレー専門店の「CoCo壱番屋」がお正月に人気があるのはこういう理由なんです。余談ですが、このチェーン店は他にライバル店舗がないので、カレーという市場において独り勝ちを収めています。

↓ ↓ 皆様の応援のクリックをよろしくお願いいたします。いつも応援ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Banner2

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(大袋ポテトチップ編)

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

新年あけましておめでとうございます。昨年は日頃よりブログを見ていただいてありがとうございます。今年も引き続き、ペンと紙だけで売上を上げる売場写真の実例をご紹介していきたいと思います。

本日の売れる売場の写真はポテトチップの大袋タイプになります。この時期はこういった商品が売れる理由が下記のようになります。

★売れる理由

①お正月で人の集まる時期になるので、大人数で食べやすい、大袋タイプのお菓子が好まれる。

②袋をそのまま破ってすぐに全員でつまめるというのも大きな理由。おせちや雑煮に飽きて、口が味が濃いお菓子を食べたくなっている。

★売場のポイント

①ポテトチップBIGBAGシリーズとカラムーチョ、カルビーの新作ポテトチップス焼き味噌とこがしバターを関連陳列。

②手書きのPOPを作成。大袋のお菓子を買うようにアピールする。

このように売場展開をまとめて行うことでしっかりと売上を上げることができる。

↓ ↓ 皆様の応援のクリックをよろしくお願いいたします。皆様の応援に今年も感謝です。ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Banner2

人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »