« お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(大袋ポテトチップ編) | トップページ | お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(なが〰いプリンパフェ編) »

お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(レトルトカレー編)

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

本日の1月2日はおせち料理やお雑煮に飽きてきた時におススメのカレーの売場展開をお知らせします。

★仮説

正月の食べ物である「おせち」や「雑煮」に飽きた時に口の中は刺激のあるものを求めるようになります。デザートや高級アイスが売れるのは「甘い」ものを求めているから。

それと同じようにカレーに対しては「辛さ」を求めているのです。昔のTVCMで流れていた「おせちもいいけどカレーもね」のキャッチコピーをそのまま使って売場展開をしています。

★売場のポイント

カレーのレトルトを最上段に展開することと関連商品でレトルトのごはんパックも合わせて展開することで売上アップがさらに見込めます。

弁当の品揃えや弁当屋さんが今の時期に意識するのはカレーライスです。唯一のカレー専門店の「CoCo壱番屋」がお正月に人気があるのはこういう理由なんです。余談ですが、このチェーン店は他にライバル店舗がないので、カレーという市場において独り勝ちを収めています。

↓ ↓ 皆様の応援のクリックをよろしくお願いいたします。いつも応援ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Banner2

人気ブログランキングへ

|

« お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(大袋ポテトチップ編) | トップページ | お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(なが〰いプリンパフェ編) »

売れる売り場の展開」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1016579/26717480

この記事へのトラックバック一覧です: お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(レトルトカレー編):

« お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(大袋ポテトチップ編) | トップページ | お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(なが〰いプリンパフェ編) »