« お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(プリンバウム販売結果編) | トップページ | お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(スターバックス缶コーヒー2編) »

お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(スターバックス缶コーヒー編)

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

本日は、今週、コンビニエンスストア先行販売ということで出た「スターバックス」の缶コーヒー2品について売れる売り場の展開事例をご紹介したいと思います。

昨日からの販売開始なので、まだ販売数は出ていませんが・・・仮説と売場のポイントは・・・

★仮説

①コンビニエンスストアでしか売っていない缶コーヒーなので売れるのではないか?

②自動販売機やスーパーでも売っていないので、売れるのではないか?

③缶コーヒーでスターバックスブランドで出るのは初めてだし、178円という今までの120円缶コーヒーとは明らかに違うコーヒーなので売れるのではないか?

★売場のポイント

①チルド飲料は210円と高いが非常に販売が好調なので、スターバックスブランドで一緒に売り場をまとめてみる。

②手書きのPOPを書いて、ワンランク上の他の人とは違うんだ、という人に訴えかけた文章にする。

③目線で2アイテム1段展開を実施し、認知してもらう売り場つくりを行う。

販売数はどうなったかは、また後日改めて報告いたします。商品の陳列場所を超えて、ブランドでまとめてみると・・・果たしてどうなるでしょうか?

↓ ↓ 皆様の応援のクリックありがとうございます。いつも感謝しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Banner2

人気ブログランキングへ

|

« お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(プリンバウム販売結果編) | トップページ | お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(スターバックス缶コーヒー2編) »

売れる売り場の展開」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1016579/27118036

この記事へのトラックバック一覧です: お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(スターバックス缶コーヒー編):

« お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(プリンバウム販売結果編) | トップページ | お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(スターバックス缶コーヒー2編) »