« 手紙屋という本を読んでの気づき・4 | トップページ | お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方 (バームクーヘン編) »

お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(ブラックカレーヌードル編)

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

ブログの更新が久々で申し訳ありません。昨日行われた会社の同僚の結婚式の余興の準備のために毎晩深夜2時過ぎまで先週は練習を行っていたためになかなか更新ができていない状態でした。

今日付けで昨日、一昨日分のブログの記事も全て更新します。

本日は、カップラーメンの「ブラックカレーヌードル」を地区平均の3倍近くの販売数を上げた売り場をご紹介します。

★仮説

①ブラックカレーヌードルという商品は他のお店には置いていない限定商品である。目立たせれば売れるのではないか?

②ブラックの説明をキチンとお客様にすれば売れるのではないか?

③パッケージが黒色で売場で目立つのできちんと売場展開すれば売れるのではないか?

★売場のポイント

①ボリュームのある発注量を行う。

②目線に2段展開でお客様に目立つ売り場を作成する。

③ブラックカレーヌードルのどこがなぜブラックなのか?の理由づけをお客様に情報開示する手書きのPOPを作成する。

★販売状況

初日地区平均8.2個の販売に対して、ここのお店は23個の販売とおよそ2.8倍もの販売を上げることができました。

特に先週は給料日前ということもあり、カップラーメンの売れ行きが非常に良かったのです。

カップラーメンや袋ラーメンは年間12か月の中で何月が最も売れる月なのでしょうか?

答えは来月の2月が年間の中でも受験対応での夜食需要や気温低下などの理由により年間で最も売れる月になるのです。

そのピークを迎える前にきちんと売場を作ることでより、大きな販売を上げることができるのです。

↓ ↓ 皆様の応援のクリックをよろしくお願いいたします。日々の応援に感謝です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

社長 経営者 ビジネス系ブログ情報

|

« 手紙屋という本を読んでの気づき・4 | トップページ | お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方 (バームクーヘン編) »

売れる売り場の展開」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1016579/27469798

この記事へのトラックバック一覧です: お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方(ブラックカレーヌードル編):

« 手紙屋という本を読んでの気づき・4 | トップページ | お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方 (バームクーヘン編) »