« なぜ手書きPOPにすると売上が上がってしまうのか? | トップページ | ブログ閉鎖します »

手書きPOPで何を書くと売上は上がるのか?

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

本日は、昨日に続き、手書きPOPが売上を上げてしまう理由についてお伝えします。手書きPOPが売上アップになる効果はわかったけれども・・・何を書けばいいのですか?こういう質問をよくいただきます。

また、何を書いていいのか頭が回りません。どうしましょう?こういう質問もよくいただきます。

「何を書けばいいんですか?」この質問に対する答えは、私はコンビニ業界で働いているので、コンビニの店舗に置いてある商品に関しては知識があるので答えることが出来ますが、携帯電話のお店からこういう質問をされたら答えは・・・

「そんなものは知らない。あなたのほうが私よりも詳しく知っているでしょ?」という返答になります。何を書けばいいのか?ではなく・・・「何を書いたらいいのか?」の視点を持つことが非常に大事なのです。

今の世の中、書きたくはないマイナス言葉ですが、不況だ、やれ不景気だと言っていますが、嘘です。マスコミという媒体に踊らされているだけです。売れない理由を環境や社会や景気のせいにしているうちは一向に変わりませんし、売上も絶対に上がりません。

売る側が努力していないのです。努力していると言っている人で結果が出ていない人は努力の量がまだまだ足りないのです。

コンビニの弁当で最近650円の栗原はるみさんのお弁当が推奨されました。通常のコンビニ弁当は500円以下がほとんどなので、こういう弁当が出るとまずお店は売る努力もしないで、「高い」「売れない」ということを考えるのです。

私がお客様で見た時に650円の弁当と500円の弁当があれば単純に「価格」というものだけで見れば500円の弁当を買うでしょう。しかし、650円と他の弁当より高いのには理由が必ずあるのです。

なぜこの弁当が他の弁当と違って650円もするのか?という理由をお客様に手書きのPOPで教えて上げることが大事なのです。商品名と値段だけ書くのではなく、どうしてこの弁当がお客様にとって買う価値があるのか?の理由を必死に考えてPOPに書くのです。

つまり、POPに書くこととは簡単に言うと、お客様がその商品を買う理由をきちんとわかりやすく伝えてあげることになるのです。

買う理由がわからないから650円の弁当は買わないのです。売れないのではなく、お客様が買わないのです。650円出しても買う理由が分かればお客様は買うのです。そうすることで売れるようになるのです。

どのような視点で手書きPOPを書けばよいのかは次回のブログにて掲載します。

↓ ↓ いつも皆様の応援のクリックに感謝しております。ありがとうございます。一人でも多くの小売店舗のかたの目にとまり、大きく売り上げを上げるきっかけになってくれることを望んでおります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

社長 経営者 ビジネス系ブログ情報

|

« なぜ手書きPOPにすると売上が上がってしまうのか? | トップページ | ブログ閉鎖します »

売れる売り場の展開」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1016579/28398247

この記事へのトラックバック一覧です: 手書きPOPで何を書くと売上は上がるのか?:

« なぜ手書きPOPにすると売上が上がってしまうのか? | トップページ | ブログ閉鎖します »