« I met a boy 父の日に、バンビ公園で。 を読んでの感想 | トップページ | お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方 (ハウスめざめるカラダ朝カレー編) »

お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方 (セブンサンドおむすび編)

おはようございます。朝4時起きのコンビニ経営コンサルタントの島村信仁です。

本日は、セブンサンドおむすびのおにぎりを販売の工夫によって売っている事例をご紹介します。

★セブンサンドおむすびのお客様へ伝える価値

①おにぎりは通常具が1個であるが、このおにぎりは具が3個も入っているということ。

②通常のおにぎりだとひと口目には具まで到達しないが、このおにぎりは到達する。

③それを証明するために中身の具が入っている写真を一緒に添付し、事実であることをお客様に伝える。

④これだけの価値があって、136円でおにぎりが買えるというお得感もあわせてアピールする。

★販売結果

通常地区の平均で17個売れていますが、このお店は通常の地区の平均売上よりも10万円低く、客数も200人少ない中で、1日27個という販売を上げています。

その数、実に1.59倍。売上が低くても、客数が平均と比べて低くても「言葉のチカラ」の工夫を行うことで、販売は変えることができるのです。

↓ ↓ 皆様の日々の応援に感謝しております。いつもありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

社長 経営者 ビジネス系ブログ情報

|

« I met a boy 父の日に、バンビ公園で。 を読んでの感想 | トップページ | お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方 (ハウスめざめるカラダ朝カレー編) »

売れる売り場の展開」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1016579/28257852

この記事へのトラックバック一覧です: お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方 (セブンサンドおむすび編):

« I met a boy 父の日に、バンビ公園で。 を読んでの感想 | トップページ | お金をかけずに売上アップさせる手紙風POPの書き方 (ハウスめざめるカラダ朝カレー編) »